回答受付が終了しました

柔道整復師の資格取り、例えば自宅の間取りをせっこついんに、作りなおす感じにするといくらぐらいかかりそうですかね・・?

回答(8件)

0

内装の話でしたら、どこからどこまで改装するかによって金額は異なります。 まず受付の入口は専用の入口が必要です。構造設備基準. 6.6立方メートル(2坪)以上の施術室と3.3立方メートル(1坪)以上の待合室が最低必要です。1部屋を仕切りをつけて2つに分割する方法も構いませんが、かなり圧迫感が出ます。換気は一般的な窓や換気扇がついていれば大丈夫です。 費用については開業するにあたって、だいたい500万くらいはあった方がいいと言われています。 改装工事に200万。ベッドや待合の椅子、カゴ、事務用品など備品購入に50~100万はかかるかと。 保険請求に使用するレセプトのコンピュータや物療の電気治療器などはリースでローンを組めば初期費用は抑えられます。これらのレセコンや電気治療器は5~6年のローンを組めば毎月5~10万ぐらいでムリなく返済できると思います。 あとは運営資金です。開業してすぐにお金が入ってくるわけではありませんので、保険請求をして早くても3ヵ月くらいは入金されません。開業してすぐに患者さんがいっぱいになるとは考えにくいので、半年くらいの生活費20万×6か月分で120万くらいと家賃15万×6か月で90万くらいは用意しておいた方がいいと思います。 ご自宅で開業されるということですので、家賃と人件費が抑えられますし、改装工事も看板の設置や軽い改装であれば100万以内に抑えられるかと思います。 ですので、最低でもやっぱり200~300万はあった方がいいかと思いますね。

0

接骨院の構造設備基準は? 6.6立方メートル(2坪)以上の専用の施術室を有すること 施術室は、室面積の1/7以上に相当する部分を外気に開放し得ること、もしくはこれに代わる換気装置 治療院は、住居・店舗等と構造上独立していること(出入り口を別に設ける等明確に区画すること) だから出入り口を別に作るだけですね

0

他の方が書かれていないことだけ追加します 接骨院(整骨院も同じ)を開業する時に、柔道整復師が行える、急性期の原因がハッキリしている、捻挫などの怪我だけ以外の行為は、無資格の整体院を黙認している為に・柔道整復師も黙認されるでしょう ただ、保険施術を行う以外の整体行為を行う時には出入り口、施術場所を別にしなくてはいけない規定があります そのスペースも必要です 取締りは緩いですが罰せられる口実になります 殆どの接骨院(整骨院も同じ)は、これを守っていませんが、余りにも不正が多く、悪質と判断されると、一気に取締りの手が入る可能性もあります

0

療術業で、1番かねがかかるのが、整骨院です。一般的に、師会や保険請求団体に加入します。それだけで、加入金とレセコンで100万くらいかかります。 もちろん安いとこや全部手書きで自分でするのもありですが、とても大変です。また、柔道整復学校では、現在、整骨院で行われる手技はほとんど学びません。よって別に勉強しに行くか数年勤務で学ぶしかないです。 内装をきちんとやりなおすと数百万はかかります。待合室も必要ですから、2部屋必要です。

0

柔道整復師の資格 3年以上600万以上かかります 建設基準 独立の玄関・トイレ・待合室1坪以上・診察室2坪以上 設備レセプトコンピュター・機器500万以上 貴方が開業する頃には1年以上の接骨院研修が必要になります。 したがって免許を取ってから質問しましょう

建設基準 独立の玄関・トイレ 玄関が独りつしていないと開業基準にならないのですかね・・? 家だと自分たちが入る玄関1つと、 あとは1階ベランダのところのおおびらきの窓から洗濯ものほすベランダにあがりそのまどからはいるしかないですが・・。 これだと開業基準はまず、独立する玄関を家に作らないとですかね