正史三国志 陵墓の命名について 三国時代の皇帝の陵墓は以下の通りです

補足

逸周書の諡法解には「献」について以下のようにあります。 聰明叡哲曰獻。知質有聖曰獻 聡明だったとかそういう意味。 参考資料として引用した歴史書ではやはり主に禅譲のこと触れているため 禅譲した=帝は聡明だった ということで献帝という理解で良いでしょうか。

中国史20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答ありがとうございました

お礼日時:1/25 12:33

その他の回答(1件)

1

わたしも陵号の法則性はあんまり見いだせないかな・・・。 高陵は、曹操や孫堅以外でもだいたい王朝初代が多いので高祖的な意味合いがあるんかな、というくらい。 そもそも、陵墓の名前も分かってない皇帝もたくさんいるし・・・、それほど重要な要素ではないのではないでしょうか。 献帝の諡号については、諡法の考えでよいと思います。 献帝が聡明な人だった、というエピソードもありますからね。 その引用部分は、献帝の葬儀に際し、諸王と同等でよいという議論があったが、それは違うという趣旨であって、献帝を王ではなく漢皇帝として葬ることの理由を述べている部分です。 諡号の理由として禅譲を挙げているわけではなく、山陽公を漢皇帝として見送る理由として、禅譲という美徳を挙げているのです。古代の聖王が禅譲によって王の資格を失ったりしなかった、ということです。

1人がナイス!しています