ガシロン800ルーメンで5000円、キャットアイ800ルーメンで13000円、ガシロンは1000ルーメンでも8000円、コスパはどう違うのでしょうか?500ルーメンの6000円のキャットアイは今使っていて明るいのですが、1時間もす

自転車、サイクリング41閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

4
画像

4人がナイス!しています

誤った情報がありますので、訂正します。知りもしないで、いい加減な情報を垂れ流す人が居るので、困ったものです。 ガシロンのブラケットは市販されていますし、ネットでも買えます。ここが、良くある中華ライトとは違うところですね。 https://www.gaciron.jp/options/ また、自分が出入りしているショップでも、普通に扱っていますよ。

その他の回答(3件)

1

バッテリー交換出来ないので製造コストの差と云うモノも有るかと 後はサポートがイマイチなのがネック、知人が買って故障の際にぞんざいだったそうで、今ならCATEYEのアンプ800も出ているので、安価であれば其方を薦めますね あくまでVOLT800はバッテリー交換可能なのが売りで、ナイトライドやオーバーナイト、ある程度長時間走る人向けなんで、用途次第ではバッテリー内蔵型の物でも良いかと

1人がナイス!しています

2

品質とサポートの違い。 ガシロンはその辺の自転車屋で見かけないし、例えばブラケットが壊れても、ネットにすら無く、場合によっては本体ごと買い替えなんてのもある。 後、落車で付かなくなったのをメーカーに送ったら「買い替えですね」って戻された話も有るので、イマイチ信用出来ない。 ただ、普通に使えば使えるライトなので用と次第。 CATEYEはサイクルショップに行けば細かいパーツも売っているのでライト自体が壊れるまで使えるし、800ルーメンモデルだとバッテリー交換可能モデルなので、ガシロンと比べてランタイムや使用期限が長い(ガシロンはバッテリーヘタったら買い替え)。 VOLT800は昇圧回路が入っているので、ランタイムギリギリまで明るさが維持する。 又、落者でライトのヘッドがモゲかけてCATEYEに送ったら新品で戻ってきたブログもあるので安心度が違う。 CATEYEの下位モデルは昇圧回路が入っていないので、500ルーメンのものはダラ落ちで徐々に暗くなっていくので仕方が無い。 要は街乗りで夜間乗るのは1時間半以内ってならガシロンでも良いが、スポーツバイクで夕方から夜まで長時間走るってならCATEYEの方が断然良くなる。 ガシロンだと2灯でも3時間だが、VOLT800なら2灯で4時間だし、予備バッテリ持てば6時間でも8時間でも10時間でも走れる。

2人がナイス!しています

中華ライトは詐欺表記が基本なので表示ルーメンより暗いなんてのは普通に有るし、本来の明るさとバッテリー容量から見てランタイムが長いなんてのも普通です。 ライトの色味が違うのは使っているLEDチップの差。 日中走るだけの人は、「とりあえず暗くなった時用」なので何でも良いですが、俺の周りでブルベやナイトライドしてる人でCATEYE使ってない人は居ないですね。

0

キャットアイが割高なのは仕方ない。それ気にするのはヤボというもの。 ガシロンで良いんではないですかね。日本法人も作って真面目に商売してるようです。 自分はアマゾンのタイムセールでたまたま3000円未満になってた怪しい中華ライトを愛用してます。VOLT400の二倍以上の光量あるみたいなので、とりあえず満足してます。