回答受付が終了しました

結婚すると年金ってどうなりますか??女性は支払わなくていいのですか?

年金26閲覧

回答(2件)

1

ご主人が会社に勤めて厚生年金に加入しており、貴方が専業主婦やバイトで収入が少なければ(具体的には年収130万円未満、月収108,333円未満)、貴方は年金保険料払わないで国民年金に加入できます。 但し将来年金の受給額を増やすために会社に勤めて厚生年金に加入する場合には、貴方自身保険料を支払う必要があります。

1人がナイス!しています

2

国民年金第3号被保険者は結婚して、厚生年金に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の主婦や主夫が対象となります。 第3号被保険者の要件を満たせば、保険料の負担なく国民年金に加入されています。(厚生年金に加入している人を第2号被保険者といいます。) 国民年金第3号被保険者は、ご自身で保険料を納付する必要がありません。 これは、第3号被保険者が加入している被用者年金制度(厚生年金保険)の保険者が集めた保険料や掛金などの一部を基礎年金拠出金として毎年度負担しているためです。 そのため、国民年金第3号被保険者である期間は、ご自身で保険料を納付する必要はなく保険料納付済期間として将来の年金額に反映されます。 正確には第3号被保険者とは、第2号被保険者に扶養されている主婦や主夫が対象となりますので女性とは限りません。 また結婚して年130万円以上(失業給付の場合も同じ)の収入が有れば健康保険の被保険者も第3号被保険者にもなれませんので、厚生年金に未加入であれば国民健康保険、国民年金に加入しなければなりません。

2人がナイス!しています