ID非公開

2021/1/22 19:20

44回答

小回りについて教えて下さい。

スキー60閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

>小回り >前傾ポジションから後傾ポジションへと >少しずつ位置を変えて滑ってみた す、凄いですねぇ。お上手、です。とても真似出来ませぬ。 >途中でピボットのような >何も圧を感じない宙に浮いたようなポジションを発見した ピボットは確かに在りますけど、小回りの中でですよねぇ。。。 >これが本来の小回りのポジションでしょうか? 多分違うと思います。 もっと先鋭的な滑り・ポジションが在る。と、これ https://www.youtube.com/watch?v=gwJ7fuA3fsM を観て思います。 ステンマルクが見せた、太腿が左右にグリングリンと捻れる様に見える滑りを彷彿させる、リッチーさんの八方でのショートリズムですが、板Top側から雪面に切り込んで行ってる事が視て取れます。 太腿を立てて、体の重心点である腰やお尻を前に移動し、板の前側に乗る。。。 そうやって板Topから雪面に切り込んで行ければ、ピボット操作、自分から捻りを入れる操作は、基本的には不要だと考えるのです。d(・_・) Top側の内足外エッジから切り込んで行って、お尻を跳ね上げられる感覚、という物も在ると思うので、もっと前、と思うのでした。

0

それは申し訳ないけど間違いかも知れません。30°くらいの斜面でやってください。 それで、同じなら板の反発、走りとか色々体感できた瞬間かもと想像します。新感覚、感じ方は 人それぞれですからね。

他の人への返信読みました。 私の場合は板が走る(抜ける)。そして戻る感覚がありました。なかなか続けられない。タイミング外すと全然で苦労しています。

0

ニュートラルってヤツ。 まあ、板の特性や斜面状況で変わりますけどね。 そうやって色んなポジションを探る行為をドンドンやると良いです。 その調子。

ID非公開

質問者

2021/1/22 20:05

斜度が30度位だったんですがかなりキワドイ位置でした。 確かに整地に近かったです。 ご回答ありがとうございます。