新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

下記のホリエモンの主張をどうみますか? . ↓

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

彼らは現実主義者です。 数字は如実に現実を語ります。お情けだの気持ちだのがいくらあってもどうにもならない。気合を入れても一生懸命になっても、方向性が間違っていれば結果はでません。彼らはそれを言っています。 都会と田舎では環境が違う。彼らは田舎には田舎に向いたビジネスのやり方があると言ってるのです。都会の価値観を田舎に押しつけても上手くいくはずはありませんよ。 JRの経営方針が、まだ都会に田舎を思いやる余裕があったころのままなので、いい加減新しい戦略を考えたほうがいいと言ってるのですよ。

2人がナイス!しています

0

社会の何たるかも、自分の国の歴史も知らないで、こんな抜けたことをいうのは彼らが、若くして大金をつかんだ拝金主義者であるから不思議ではない。 (下に回答してるれいこママ、とかいう人物は彼らが まともな経営者であると思っているので失笑) 「資本主義は絶対に正しい」、「俺は稼いだんだ、悔しければ超えてみろ」という信念で凝り固まっている彼らの、電波上での会話を あれこれいっても仕方ない。 無知そのもの、弱者に対する寛容の気持ちがあまりに乏しく、想像力が欠如している。 しかし こういう発言を読むとおいおいと >便利な暮らしをしたかったら、都会に引っ越すしかないわけです コロナ禍で 大都市に集中、集約して暮らしていることがハイリスクだってことがわかった筈だが・・・ 個人の好みではなく社会の要請として 人口と事業所の地方分散を進めねばならない時だというのに、鉄道しか交通機関のない地方で 自動車に乗れない交通弱者が生活していくには 大赤字線であろうと維持されなければならない。 北海道の冬季は大雪で道路が途絶する。高校生や病院通いの高齢者はどうすればいいのか? 北海道の住人が大地と戦う一次産業に従事し、明治維新から1980年ごろまで、どれほど東京ほかの日本人に尽くしてきたか、戦後は人材の供給源になってくれたかが まるでわかっていない。 ホリエモンも 九州柳川の出身だから 天に唾しているに等しい。 JR北海道の鉄道事業は、恒常的に毎年500億をこす営業赤字で、九州のようにそれを埋める関連事業はなく、設立以来、国家の補助金に依存している親方日の丸事業だ。 それをわかっていない 拝金主義者が多すぎる

0

民間の会社経営者としては、至極当然の考え方ですね。 以下は補足。 JR北海道は見做し民間企業で有って、実際は国土交通大臣が100%株主なので、結果的に政府の判断も経営に影響しますから、JR北海道が陳情を受け付けないなら、国土交通省や自民党の族議員に駅や路線の存続をお願いするしか無いでしょう。効果があるか?は不明ですが。 既に国交省の予算から、JR北海道の経営補填を行っているので、国交省自体が陳情に耳を傾けるか?は疑問ですけどね。