回答受付が終了しました

人間だからミスをする

1人が共感しています

回答(9件)

0

>人間だからミスをする まさにその通りです。 ですから私ども鉄道輸送に携わる者としましては、ヒューマンエラーがあっても事故やインシデントなどが無いようにするシステムを構築しているわけですが、それでもまだ寝坊事案が起きるのであれば、その詰めが足らなかったのかと改善策を検討すべき事象でしょう。 また、メディアが鉄道会社のプレス発表を客観的に報道するのは、これは当然です。 しかし日本国内には言わずと知れた偏向メディアがあり、ちょっとした人のミスとか著名人のプライベートなんぞにまで過剰ヒステリックに報道している事が気に障ります。 あるいはプレス発表や記者会見などの質疑応答でも、特にしつこい質問をしているのも、まぁお馴染みの、あの局この局の系列ですし。 それに何より、その偏向メディアは誤報とか放送倫理問題に問われるような番組を制作していても無反省で、あるいは”アカ日新聞””売日新聞”と揶揄される、まるで中国共産党の機関誌みたいな記事を載せる新聞だって、誤報・誤字・誤植・誤変換のペーパーは日常茶飯事でしょ? それなのによく、他業種のミスを、よくもまぁあそこまでヒステリックに報道できるなぁと、その厚顔無恥ぶりには呆れます。 結局は、メディアは権力なんですよ。 本来ならネット社会がメディアの権力体質を打破できる存在でしたが、それも工作が進み、まぁ世論はごく少数のメディアの意向に左右されているのが問題です。 なぁアカ日新聞よ、駅員の寝坊をデカく載せるスペースよりも、自身の誤報のお詫び記事をもっと判りやすく載せろ、ですわ。

1

>駅員が寝坊して、駅のシャッターが開かず、電車に乗れなかった こんなのはミスとは言いません(`ヘ´) プンプン。 タイマーで100Vが寝過ごすと体にかかって感電する、位の装置を付けろよな。 元の会社で「上手く装置が動かなくてプラントが復帰しないとどうなりますか」 「殴られる事は有っても、殺される事は無いから安心しろ、最悪指詰めれば済むことだ」 そのうちに気がついて 「指詰めなくて良いじゃないですか」 「お前は指詰める覚悟が出来たから怖い物は無いだろう」 なんて会話があるんです。

1人がナイス!しています

1

そう。 ミスをする。 ただし、それを防止したり、万一のとき、被害が小さくなるようなシステムを作ることは、鉄道会社の義務。

1人がナイス!しています

1

私はその被害にあって2回遅刻しています。その場で寝癖ついたままの駅員に直接遅いよと一言だけ、言いますがね、 こちらは始発でしか間に合わない仕事で始発電車に乗れず、遅刻という実害にあったので、

1人がナイス!しています

うち1度は駅構内の連絡口のシャッターを開け忘れていて、とんでもない目にあいました。ニュースにならなかったですが、電車に乗れずで、散々でした、

0

一般的に、ニュースになるかどうかは、事案の重大性(被害額が非常に大きい、人が大勢死んだ、など)だけではなく、希少性(前代未聞、今後絶対に起きない、○年に一回、など)も重要な要因です。 つまり、「珍しい事案だ」という理由でニュースになるわけです。 例えば、「学校の生徒が寝坊して遅刻した」なんてのは、日常茶飯事なのでニュースでもなんでもありません。しかし、「駅員が寝坊して駅のシャッターが開かず」は、1ヶ月~1年に一回あるかどうかではと思います。つまり、ネタとしての希少性があるのでニュースになります。 停車駅通過や、オーバーランも同様です。