日本語ほかの言語(英語や中国語)と違い、文の最後に重要な情報がありますよね。

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

>>日本語ほかの言語(英語や中国語)と違い、文の最後に重要な情報がありますよね。 おっしゃるとおりです。日本語の語順では、述語が最後に来ます。述語は文の成分の中でも一番重要な成分です。 >>例えば、「明日学校に行きますか」と聞かれた際、英語の場合ですと、NOかYESが最初に来ますが、日本語の場合、行きます、もしくは、行きません、ですよね。 いいえ、日本語でも「はい、行きます/いいえ、行きません」や「はい/いいえ」だけで答える場合もあります。これは英語も同じです。なお、英語だと、必要がなくても、主語や目的語を必ず置きますが、日本語では必要のない主語や目的語は省略します。その意味では、日本語の方が効率的です。

1

言語は線条的に表現するしかないので、一度にすべてを表現することはできません。 >>文の最後に重要な情報がありますよね。 いいえ。何を重要な情報と考えるかで評価は逆転するものでケースバイケースでしかありません。 >>言語的に効率的な面から考えてこれは、ダメだと思いませんか? 駄目ではなく、使い方の問題に過ぎません。屈折語を至上と考える単細胞的な発想の誤りです。■

1人がナイス!しています