ブラタモリの呉(軍港)の回で、戦中、呉軍港は爆撃されずほぼ無傷で残ったがその理由までは分からないと言っていました。

2人が共感しています

ベストアンサー

0

また、爆撃した理由は船などを作らせて攻撃をさせないように呉市及び軍港を空爆したということです。

その他の回答(10件)

2

造船設備が一切爆撃されなかったのは、ズバリ戦後を見据えた米国産業界の要望の結果です。 番組の最後の方で大和を建造したドッグを覆っていた大屋根を見ながら ”PETERKURE”と言うタンカーの進水式の写真を指して、大和を建造したドックで 世界一のタンカーを建造したと紹介されていますね。 このタンカーは、NBC呉と言う会社が建造しました。 このNBC呉は、National-Bulk-Careers (NBC)と言うニューヨークに本社の有る 米国の海運会社が自社船を建造する為に、戦後東洋一の呉海軍工廠の造船機能を10年間当時のお金で10万円で大蔵省と契約し1951年~1961年まで タンカー バラ積み船を建造しました。 ※世界初、世界一 のタンカー・バラ積み船を短時間で連発! その為に、事前に陸軍に攻撃から外す事をアドバイスしていたと思われます。 NBCの社長ダニエル・K・ラドウィックは、終戦を見据えて米軍から様々な機材の払い受けの契約もしていましたから。 ■呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム) の3階に戦後のあゆみを僅かだけ書き記しているだけなので、少し詳しく。 戦後呉海軍工廠は、分割されて、造船部門は 播磨造船に引き受けさせて呉船渠となり、半分は呉湾から広島湾に散在する帝国海軍の艦船をサルベージしてドックに入れて解体しスクラップにして日銭を稼いでいました。 昭和25年にはその様な工事も無くなり、戦時賠償でいよいよ工廠の設備が順次国外へ持ち出される事になりました。 その危機を救ったのがNBCです。GHQはそのまま呉海軍工廠は消滅させる考えでしたが、NBCの説得と池田大蔵大臣の決断で、戦時賠償を凍結して呉船渠の海軍後始末部門を10年間NBCへ貸し出す事にし、NBC呉として再出発になりました。 日本の戦後を支えた造船業の始まりは、このNBC呉からです。 ブロック工法もこのNBC呉で開発された生産技術です。その先頭に立って技術開発を行ったのが、NBC呉設計部課長の 真藤恒氏(IHI・NTT初代社長)です。 日本の大蔵省との契約で、NBC呉で行われる建造ノウハウは全て公開する事が条件でした。 なので、ブロック工法等、全て 三菱長崎造船、川崎操船、三井造船、日立造船、石川島造船 等日本の造船会社は全て、NBC呉で勉強して溶接主体のブロック工法の技術を ただで手にしました。パクりです。 後に契約が終了後、日本側の親会社で有る播磨造船が石川島重工と合併により、呉船渠とNBC呉が再集結して、IHIの呉造船になりました。現在のジャパンマリンユナイテッド 呉事業所。 大和のふるさとであり、ブロック工法のふるさとです。 ※昭和26年~昭和36年まで、住友銀行呉支店は日本で3番目の外国為替取り扱い額だったそう。ニューヨーク本社から、米国$が建造計画に従って振り込まれていたそう。 ※八幡製鉄、富士製鉄、川崎製鉄 に日本で唯一現金で建造に必要な鉄材を発注していた。大のお得意様なので、最優先で供給してました。 ※NBC呉二より呉市は速やかに復興しました。

2人がナイス!しています

8

これは、本当に世界中で、しかもそれこそ第一次大戦で「爆撃」というものが始まって以来つきまとう噂なんですが、そんな理由なんてないんです。 バカにされたとか思ってほしくないんですが、要するに「素人考え」なんです。 「爆撃」ってものは、そう万能ではない、それこそ軍事的には「精密爆撃という欺瞞」なんて言い方をするくらいで、「上手く当たる時は当たるけれど、外れる時はどこにでも落ちる」というのが「爆撃」なんです。 こういう「軍事的常識」が無い方ほど、「~のため爆撃しなかった」という言い方が大好きなんですが、調べて、そういう事実があった例は皆無だと言い切れるレベルです。 例えば爆弾というのは、飛行機の飛行に従って一列に落ちるのが普通なんですが、これがたまたまどこかの通りと上手く適合したり、何かの境界線に沿ってしまう場合というのは良くあります。 そうすると、ロンドンなんかでも、「これはカイザーが戦前、訪問して散歩した思い出の道だから」だとか「ヒトラーがこの場所のたばこ店に興味を持っていたから」とか噂が流れるんです。 これは意図的に「バカらしめ」の例を挙げていますが、もっとまことしやかに「軍事的○○のため」とか言われる例も本当に呆れるほどあるんです。 ただ、こういうのの多くは「爆撃とは当たるもの」と思い込んでいる、思いこまされている人だから思うことで、この辺の知識がある人間は絶対にそんな風には思わないんです。 なぜなら、単純に言っても、そんな「避けたい地点」があるのなら、その都市ごと爆撃を避けるのが普通、むしろ、そこまでやっても当たってしまうのが普通だからです。 例えば日本では「京都」という都市は、米軍の公式見解ではありませんが、陸軍長官の個人メモなどに「伝統的古都の爆撃は占領政策の妨げになる」という文章があるように、一般には「目標にされていない」筈ですが、それなりの爆弾は落ちてしまっていますよね。 他にも「皇居」ですが、この辺も、軍事をわからない方は「ここを爆撃すれば戦争は終わったのではないですか?」みたいなことを言いますが、大間違いで、よっぽどの革命寸前、それこそ爆撃しないでも国が崩壊するようなレベルででもなければ、「VIP襲撃」は国民感情を一気に悪化させる最悪の目標なんですが、実際にはかなり誤爆されているし、他所からの延焼ですが「昭和宮殿」は全焼しちゃっています。 こういう「爆撃結果」のいちいちに、さしたる理由なんてものはありません。 例えば「呉」の爆撃は何度もあるんですが、有名なのは湾内の艦艇を目標にした2回と、市街地を目標にした1回なんですが、実は「海軍工廠」もかなり空襲は受けています。 でも、結果的に停泊艦艇をほぼ壊滅させた「軍港攻撃」と焼夷弾でかなりの面積を消失させた「市街地爆撃」に比べると、「工廠空襲」は結果が見えにくいんです。 と言いながら、例えば昭和20年6月22日の「工廠空襲」では「476人」の工廠関係者が死亡しています。 これはかなりの数字です。 ただ、工廠の設備は当然に硬いので、破壊には「爆弾」が必要で、しかも直撃しないことにはなかなか壊せない、木造家屋とかでなから、簡単には燃えない、さらに言えば、腐っても「呉工廠」、爆撃を食らっても最優先で補修もされます。 番組、私も見ましたよ!ただ、番組側はともかく、博物館側とかは「無傷」とは言っていなかった気がします。 写真が出ましたが、あれは恐らく「6月30日~7月1日夜間の市街地空襲の結果測定写真」かなあと思うんです。 当然、市街地は鎮火していてても燃え跡だし、「工廠」は炎上は無く約10日が過ぎています。 チラッと見、「無傷」に見えても、そういう状態な訳です。 ましてや、「呉海軍工廠」は私がざっと調べても「5月5日」「5月10日(3部隊)」にも空襲を受けていますが、いずれも大した戦果が出ていないだけです。 こんな例は幾らでもあり、例えば東京の「中島飛行機武蔵製作所」は明確に「目標」とされただけで7回だったかな?爆撃されていますが、「生産施設」は「5%」程度しか破壊されていません。 終戦直前に、「工場疎開」して中身が「カラ」になってしまってから旧式の「東工場」は崩れ落ちましたが、鉄筋コンクリートの「西工場」は直撃を食らった棟もありましたが、戦後も建物は使われ続け、最後はNTTの研究所で、私も仕事で何度も入りました。 たまたま生き残ったからと言って、「戦後利用のため残された」などと考えるのは、何と言うか「お可愛いこと・・・」みたいな話なんですが、そういうイメージを裏付ける知識がないと、まあ仕方ないというんですかね。 ともかく、あの番組は館の学芸員もタモリでさえその辺は控えた感がありましたが、まあ番組スタッフとしてはちょっと色気を感じて残したみたいな部分なんだと思います、まあ、引っ掛かっちゃう人はいますよね。 ともかく、「東京大空襲」なんかでも、ミッション系病院が、周囲が被爆しているのに無傷で、「意図的に残された」とか言われている、そういう例が山ほどあるんですが、事実はそもそも「爆撃エリア」ではなかったのに、「逸れた爆弾」が落下したのが当たらなかっただけ、合理的に見渡せば何てことはないんですが、そこだけ見ると、そんな風に思っちゃうだけです。 「呉海軍工廠」は確かに重要目標ですが、破壊が難しい割には防空力も強い、だったら、隣接市街地を爆撃して間接的に稼働率を落とそう、そう考えても何の不思議ではないし、この爆撃は比較にならないくらい「簡単」なんです、その分、効果も微妙ですが。 もし、興味があれば、いろいろ調べてみれば「実感」できると思いますよ、しょせん、教わった知識は上っ面ですから。

8人がナイス!しています

0

米軍は占領後の事を考えて爆撃を行っていました、都市全体を焼き払ってしまったように見える東京大空襲でさえ、実は戦後にGHQが接収した建物は被害が及ばぬように避けられていたのです・・・ そんな米軍が、戦闘力の無い大日本帝国海軍の軍港施設なんて戦後に自分たちが使えそうなものをわざわざ破壊することは無いでしょう

0

1945年4月の段階で呉は原爆投下候補地の一つでした。 ご存知かもしれませんが原爆候補地は原爆の威力を観察する為にあえて大規模な攻撃はしていませんでした。一概に決めつけられませんが、それも理由の一つではあるでしょう。

2

東京大空襲の際下町に有った我が家は焼失しましたが、ほど近い場所に有ったシェル石油の精油施設は破壊されずに残り戦後進駐してきた米軍に接収されました。 親父たちの話では占領後に自分たちが使うため爆撃しなかったのではと言っていました。 横須賀のドック同様に呉のドックも占領後に使用する目的が有ったのではないでしょうか。

2人がナイス!しています