そもそも【幕府】と言う名称の由来は何なんでしょうか?

日本史 | 歴史15閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

「唐」の国の呼称をそのまま付けた それに、もう一歩踏み込んで 「矢の羽に引っかかって防御する幕」 それから来ているんですね。 謎が解けました。 皆様、ありがとうございました。

お礼日時:1/25 8:13

その他の回答(3件)

0

日本の律令で定められた官職の呼び名を唐の国の呼び名に当てはめて呼ぶ慣習がありました。正式な役職で呼ぶ固さを避ける意味合い、中国のしゃれた意味合い、わざわざ中国式に呼んで敬う意味を込める意味合いなどがありました。 水戸黄門の「黄門」も光圀の官職太政官中納言の唐名「黄門侍郎」の略です。 皇太子なら「東宮」など他にもありました。 清盛は入道相国と呼ばれましたが、太政大臣の唐名が「相国」でした。 軍事を司る近衛大将の唐名は、「幕下」「幕府」。頼朝は鎌倉右大将と呼ばれますが、彼は先に「右近衛大将」になっていたからです。「幕府」は、大将が陣営を張って政務をとるところという意味合いがありました。 後に頼朝は、大将軍という官名を欲して、いくつかの候補名から「征夷大将軍」を選びました。

0

陣幕から来ている

なるほど、 甲冑に身を固め、折り畳み椅子(名前は知りません)に座り 指揮を執った場所に、張り巡らされた幕のことですよね。 宮中での公家ではなく、まさしく武士が政権を執っている と言う現れですね。 そうですか、陣幕から来ているのですか。

0

幕府ができたのは鎌倉幕府からですよね。 昔鎌倉は鎌倉府と呼ばれていました。 それに因んで鎌倉「府」から「幕」が上がると言う意味で幕府と言うようになりました。 知らんけど