ウィキペディア「不祥事」によれば、実行した本人がその行為を不祥事だとも何とも思っていない場合、