なぜ今年の節分は2月3日ではなく2月2日なの?

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

3

2021年の「節分」は2月2日です!明治30年以来124年ぶりのこと… https://www.excite.co.jp/news/article/Japaaan_136292/#:~:text=令和3年%20%282021年%29の「節分」は、2月2日。,節分が2月3日でなくなるのは昭和59年%20%281984年%292月4日以来37年ぶりで、2日になるのは明治30年%20%281897年%292月2日以来、124年ぶりのことです。 1太陽年は365日ぴったりではなく、365.2422日(365日と6時間)であり、徐々に遅れが生じます。 さらに、うるう年には4年前より少し早くなります。 誤差が集積して起こることです 国立天文台暦計算室のグラフを見ると、今後数十年は4年に一度、節分が2月2日になるようです。

3人がナイス!しています

0

元々特定の日付に決定されている祝日などでは無く、天文学上の天体の運行のタイミングで決まるものだからです(ただし、多くの場合には2月3日となり、そうでは無い場合も基本的に2月2〜4日です)。 1日や1年の長さは、地球の自転や公転に掛かる時間を元に決められています。24時間や365日ですが、厳密には余分な端数があり、その誤差は無視して運用しています。 しかし、蓄積すると大きく狂ってしまうので、原則4年に1度の閏年(2月29日を追加して、ズレを修正する)や閏秒などで調整しています。 現代の暦は、普段は誤差部分を省略したものなので、実際の天体の動きとはズレています。 このため、天文学上の天体の動きで決定される節分も稀に日付的には移動してしまいます。

0

節分がいつになると言うのは、 明確な取り決めがあります。 それは「立春の前日」という事です。 立春、立夏、立秋、立冬の日と言うのは、 滅多にずれる事は無いのですが、 今年は、立春が2月3日ですので、 必然的に節分は2月2日になるのです。