株主優待目的で株を買っています 長期保有特典がある銘柄の場合

株式50閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます 注意してやっていきます

お礼日時:2/5 0:00

その他の回答(2件)

0

長期保有条件がある場合、大抵の会社では「名簿に同一株主番号で連続登載」の条件が付いていることでしょう。 これは、証券保管振替機構から渡されるデータ(権利確定時点ではなく日々更新)により、無保有期間が1日でも発生したら、次に保有期間が発生した時に新しい番号が付与される形になるため、連続保有とみなされない、ということになります。 複数単位を持っているのなら1単位以外を売却しても、権利確定日時点までに買い戻せていれば問題ありませんが、ぶっちゃけると会社側は日々保有者の保有数を確認することが可能で、寄せることによって期間平均保有数も算出できる時代です。 基準日時点だけであればその時点で株数が揃っていればいいことになりますが、各社が決めるルールをよく確認して対応する必要があると言えます。

なお、貸株サービスなどを使っている場合は、貸株にしている間は他者名義になるため、名簿から外されるリスクがあることを念頭に置いてください(これは貸株サービスの注意事項にもよく現れることですが)。

0

んとね、株主確定のための名寄せが行われるのはなにも権利月だけではありません。会社によって任意に行われるので、その時点で持ってなければ長期保有は途切れます。なんで売るにしても最低単元は残した方がいいです☆