潜水艦は海底にいるときに対潜哨戒機が空を飛んでるどのあたりを飛んでるなど把握することはできますか?

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2/24 1:39

その他の回答(4件)

1

上空を飛行している航空機の音を潜航中の潜水艦が聞くことはできません。海中まで音が届きませんから。潜水艦が聞こえるのは艦船のスクリュー音です。 対潜哨戒機がアクティブモードのソノブイを投下すれば潜水艦は聴音可能です。上空に対潜哨戒機がいることがわかります。 潜水艦がレーダーアンテナを海面上に出し対潜哨戒機を探知することは可能でしょうが、そのような場面は潜水艦にとって自殺行為です。対潜哨戒機の電波探知機やレーダーに捕捉されすぐに急行されてしまいます。 潜水艦の対空ミサイルはまだ聞いたことがありません。構想のようなイメージ動画を見たことはあります。 潜航中の潜水艦が上空の航空機の位置を探知する手段がありませんので、ミサイルの発射のやりようがありません。 レーダーアンテナを上げて対空ミサイルを発射する装備が将来は考えられるかもしれませんが、「見つからないようにする」が信条の潜水艦が所在を暴露する超リスクを冒してまで航空機を攻撃する必要性はないですね。

1人がナイス!しています

1

潜水艦は、空中を飛行している物体を検知する手段を一切持ちません。 まず、海中の潜水艦には対潜哨戒機や対潜ヘリが近くに来ている事が分からないので、その存在を知るのは、ソノブイ(または対潜ヘリのディッピングソナー)がアクティブソナーの探信音を発してからとなります。 潜水艦が海面上に出ると、対水上艦用の航海レーダーで周囲警戒を行えます。しかし対航空機用の防空レーダーは備えていません。潜水艦の中にはセイル部かマストにESM装置を搭載しているかもしれません。そういう艦では、対潜哨戒機や水上艦がレーダー波を放射していれば、そのおおよその方角や電波の種別は検知できるはずです。そういう装置が無ければ、セイルに上がって肉眼で周囲警戒を行うか、潜望鏡で空中捜索するしかないでしょう。 潜望鏡や統合マストなどを海面上に露頂させるだけで、対潜哨戒機や水上艦の潜水艦捜索用レーダーには発見される可能性があり、潜水艦側はできれば避けたい方法です。ましてやセイルを海面上に晒すと、いっそう危険です。敵が潜水艦をハントしに来ているなら、発見された段階で潜水艦には生き残る方法が無くなったと言えるでしょう。敵が水上艦なら相打ちを狙うぐらいしかありません。 魚雷発射管から撃ち出されて、海面から空中へ飛び上がると、自らの赤外線シーカーで近くの敵機を探して誘導され、対空ミサイルとして目標を撃墜しに行く……という潜水艦発射型対空ミサイルは一応は開発されていますが(" IDAS"というミサイルです)、実際にどこかの軍で採用されたという話しは聞きません。アイデア倒れではなく実用化できているのかは不明です。その対空ミサイルは戦闘機を追いかけるような高速で長射程のものではありません。

1人がナイス!しています

3

プロペラ機や回転翼機が低空を飛んでると、近くにいることぐらいは知ることができるかも知れません。 音が潜水艦まで届けばね。 相手が電波を発していれば、その方角を知る事は出来ます。 秘匿性を最重視する潜水艦が、自らの位置を知らしめる事はしませんし、海面上にアンテナを出して電波を出しても、レーダーで見える範囲は半径10数kmでしかありません。 海上での10kmは目視できる距離です。 現在の潜水艦は、対空攻撃装備はありません。

3人がナイス!しています