ID非公開

2021/2/17 9:51

33回答

乗馬クラブ会員です。今30鞍程度駈歩レッスンが始まりました。軽速足始めた時は目が回り、ヤバい、ヤバいもう無理!と感じながらなんとかここまで来ました。駈歩レッスンもなんとかやっていかれるでしょうか?馬の上

習い事80閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。なかなかどっしりと座れずまだまだ縮こまってしまいます。あのうわっ!とした出だしが、、、少しずつなれていつか駈歩で楽しむことが出来る様に頑張ります^_^

お礼日時:2/20 23:39

その他の回答(2件)

1

多分半径2mは間違いでしょう?(直径20mでは?) 私は一応指導者資格を持っていますが、半径2mの駈歩など無理です。 やろうと思えばできなくなくはありませんが、馬に負担が掛かり過ぎでそんな無謀なことはしません。 ましてや初心者さんがその半径で駈歩を維持するなど到底できません。 私はウェスタンスタイルなので基本軽速歩はしません。 速歩といえば正反撞です。 個人的な意見では正反撞のレッスンを受ける前に駈歩を始めるのは無理があると考えています。 ブリティッシュではどうしても常歩の次に軽速歩を教えるためすぐに鞍から立ち上がる傾向がありますが、これが駈歩を苦手にする要因の一つではないかと私は考えています。 速歩では反撞は上下の動きですが、駈歩はそれに前後の動きが加わります。 多くの馬で反撞が速歩より駈歩の方が弱めのことが多いので駈歩の方が正反撞より易しいと誤解している方が多いですが、運動能力の高い良い馬では駈歩の方が強く出るのが普通です。 したがって、駈歩を本格的学ぶにはまず正反撞を十分にできるようになることが非常に重要と思っています。 少なくとも、正反撞で鞍にしがみつくことなくできるようにすることが駈歩をマスターするための近道と思います。 駈歩に限らず安定した騎座を獲得するのに重要なのは姿勢です。 初心者さんではどうしても前傾姿勢になりやすく、これが反撞を強く受ける1番大きな要因です。 体を起こしあたかも王様がふんぞり返るような姿勢を取れるようになれば、多くの場合反撞をうまく抜けるようになります。

1人がナイス!しています

1

一般的な乗馬クラブでは、半径2m(直径4m)で速歩や駈け歩の練習はしません。 先ず 馬場馬術競技で求められる巻き乗り(速歩)は直径6mです。…それ以下は 馬に負担を掛けるし 「無駄」な練習です。 初級者さんの場合、速歩 駈歩の練習は直径20mが妥当と考えます。…小さくても10mです。 その様な指導をするクラブで 上達することは 至難の技です。 私はクラブ勤めで指導者を目指していたので、先輩指導者の教え方 乗り方を参考に自主練習しました。 尤も 最初は調馬索(ロングレーン)等で指導を受けました。 私の場合、馬と指導者 そして環境に恵まれていたと思います。 疑問点は返信を

1人がナイス!しています