写真の式は1次元拡散方程式の解となる式であり、c(x,t)は材料中の水素濃度分布を表しています。

画像
補足

F(x)をxで積分するとc0になります。

大学数学 | 数学20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0