最近宝塚にハマりました。

補足

今更ですがネタバレを含みます。 私自身はネタバレ大丈夫なのでどんどん布教してください。 ネタバレが嫌な人はブラウザバックしてください。

宝塚239閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

100周年以降ではないのですが再演されたことがあるので、今後もあるかもしれません。 「銀の狼」です。 記憶をなくして殺し屋として生きる主人公。 ヒロインは政治家であった父親を暗殺され、似ている男を替え玉にするべく教育しています。 実は父の暗殺を企てたのは自分の夫であり、実行したのは主人公の仲間でした。 主人公は医師で、口封じのために家族を殺され、記憶をなくしました。彼を見張るために殺し屋たちは彼を殺し屋に育てたのでした。 主人公は復讐を果たしますが家族も帰るところもありません。 ヒロインも父を殺したのが夫と知り、途方にくれます。 互いに孤独を抱く2人は身をよせあい、旅立つのでした。 愛とか恋ではなく、互いの孤独感を共有し、誰も知らないところに旅立つ2人が宝塚の中でも異色の作品かなと思います。 涼風真世さん、朝海ひかるさんバージョンがあるのですが歌が圧倒的な涼風真世さんバージョンがおすすめです。

1

主人公が死んでみんなが幸せにというのとはちょっと違いますが、雪組の星逢一夜はいかがですか? だいもんは家族や仲間のために自分を犠牲にするし、チギさんとみゆちゃんはそれぞれが子供の頃から好きなのに結ばれず。 源太は泉のことが大好きなのに、泉が紀之介を好きだから頭下げてお願いしたりと、切ない場面が色々とあって良い作品ですよ

1人がナイス!しています

1

すでに回答のでてる金色の砂漠が一番近いかなあと思います… 神々の土地 …ヒロインが死ぬけど愛し合った時間は短くも永遠なのだ、的な終わりで雰囲気的にはお好みなのではないかと思います… 愛聖女 …ヒロインはジャンヌダルク、明るく楽しいコメディですがヒロインが死ぬことで世界が救われる終わりです キャプテンネモ …楽園を守るため主人公ヒロイン初め十人ほどが特攻自爆しておわります。宝塚史上に残る怪作です。 ベルばら …オスカルとアンドレが死んで結ばれます パルムの僧院 …アホなイケメンが恋愛遍歴を重ねた挙句投獄されて死にます。ツッコミどころの多い人生ですが残されたヒロインが嘆き悲しみます。 本人は天の国で見守っているよ、と楽しげな遺書を残してます

1人がナイス!しています

主人公の命で他の人が救われる話も好きですがやっぱり自分は心中や死後の世界で結ばれる話の方が好きですね! そう考えるとベルばらもいいですね。再演してほしいです。 回答ありがとうございました!

1

本公演ではありませんが、心中で結ばれるお話なら、「うたかたの恋」。 オーストリアの皇太子と男爵令嬢の恋物語です。 最新公演は2018年の星組の中日劇場公演でしたが、2013年 の宙組の全国ツアー他それ以前も何度も再演されている作品ですのです。 心中ではありませんが、花組の「金色の砂漠」もふたりの死によってお互いに心から結ばれるお話と言えると思います。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

1

言い方悪いけれど、霧深きエルベのほとりはそうだと思いますよ。 カール1人が悪者になって犠牲になって みんなが平和になりました。 生粋のお嬢様のマルグリットが船乗りのカールと結婚したって 苦労ばかりの貧乏生活だったとおもうし。

1人がナイス!しています

カールと結婚します、フロリアンとは婚約解消しますって 彼女が舞い上がってしまったからこそ 軽蔑していた父の真実もわかりましたし。 母を捨てた冷たいお父様じゃなくて、 父を捨てて男と逃げた母に長年苦しんでいたのを知り マルグリッドはようやく父を理解します。