ID非公開

2021/2/18 21:41

33回答

先程、台風が発生しましたが、中国の方へ行っており不思議だったので、月ごとに台風進路が違う理由を調べたのですが、そこに太平洋高気圧に沿って進むためだということが理由としてありました。

気象、天気 | 台風18閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どなたの回答もわかりやすい回答ばかりでした。 詳細に書いてくださっているhei***様をBAとさせていただきます。 ハドレー循環や熱帯収束帯などの詳細も追って調べてみます。 たくさんの回答ありがとうございました。

お礼日時:2/20 9:50

その他の回答(2件)

0

① 太平洋高気圧の中心から外周の方向へ空気が流れるため 台風は太平洋高気圧の内側方向へ近付けず外辺に沿って進む。 ② 太平洋高気圧は、赤道域の盛んな上昇気流が舞い上がり これが太平洋上に舞い降りて来る下降気流により形成される。 季節によって赤道付近の温暖な海域が南北に移動することに 従って太平洋高気圧も南北に移動する。梅雨前線も移動する。

0

①まず空気の異なるものは簡単には混ざりません。と言うことは、高気圧と台風がぶつかれば混ざらずに高気圧の縁に沿って動きます。高気圧は時計回りなので、その流れによって台風は進みます。 ②太平洋高気圧は、赤道で上昇した空気が、熱帯域で下降してくることでできます。つまり、上空の流れが関係しており、夏になると上空の流れが次第に北へ移動するため、夏になると北上します。