狭小住宅の「道路斜線」についての質問です。明日2/19午後、契約日ですので、明日午前中までご回答いただければ幸いです。

画像

注文住宅 | 土地48閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。契約はのばしました。もっと調べてから契約します。心から感謝いたします。

お礼日時:2/25 0:52

その他の回答(4件)

1

①多分yotさんの言う通りで、敷地に余り余裕が無いので、南北方向に一杯まで建てるものと思いますから、残念ながら「天空率」は使え無いと思いますよ。 http://kakukikaku.com/tenkuritu.htm ②そうなると西側の道路からの「道路斜線」が掛かるので、高さの低い2階建てが限界なので、あなたが希望する「3階建て」は難しいと考えてください。 南側の道路側ならば、5.45M×1.25倍=6.81Mの高さなので、これでも3階建てを建てる事は難しいのです。 ③1階部分にビルトインの駐車場を持たない、「地上2階+地下1階」であれば建てる事は可能ですけどね。

1人がナイス!しています

1

家を建てた後になって、後悔する要素が山ほどあるような土地です。 わたしだったら、時間を掛けてでも、もっと気持ちが前向きになる土地を探すと思います。 ところで、現場を見に行きましたか? 実際にその土地に立ってみましたか? その土地を見た瞬間、その土地に立った瞬間に気持ちが昂ったり爽やかな風を感じたりしましたか? 出会った瞬間にビビビと感じると言う男女の相性があるように、土地にもあると思うので「この土地が気に入った!この土地にどうしても家を建てたい!なんとしてもこの土地に住みたい!」という思いが強ければ、進めればいいと思います。 そうでなければ、止めた方がいい。

1人がナイス!しています

1

設計事務所の者です。 なかなかな土地を探されましたね!! 道路斜線につきましては、(道路幅員+建物後退距離)×1.25です。 よって簡単に言えば(4.0m+0.5m)×1.25=5.625m 上記は緩和距離、道路との高低差を考慮していません。 普通に考えれば2階建ても母屋下げしないと厳しいです。 しかし今は天空率などというものがございまして道路面に対して、敷地目一杯建てなければもしかしたら可能かもしれません。 こればかりはかなりの労力が必要ですので建築士さんにご相談ください。

1人がナイス!しています

1

①、残念だが狭小宅地のほかに既存道路幅員中心2.00m後退地は、 所有権の地目を公衆道路と分筆登記で、固定資産税の非課税です。 但し、建築基準法第42条2項の道路なら、実質は道路となります。 不動産屋ではなく事前に一級建築士でも設計者と相談が大切です。 ②、後道路は後退整備地は道路扱いとなり、反対4.mから1.25内に 建物が納まり、三階建てだと北側は隣地の日影規制の内で、家族の 希望の基本設計が可能かです。他の建蔽率や容積率と法的採光もあ るだが、実施設計の段階になると問われるのて、無理かと思います。

1人がナイス!しています