回答受付が終了しました

トランジスタのR2(プルダウン抵抗)は どの様に計算するのでしょうか?

工学 | アマチュア無線56閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(3件)

0

まあ、あれだ。”デジトラ”という単語は、バイポーラトランジスタを、デジタル出力で、コントロールして、電流素子を制御したい場合に使うインターフェース専用チップで、普通二本の抵抗内蔵していて、二本のうち一本にR2という名前をつけるのが普通らしい。 内蔵抵抗は、例えばマイコンのポートのような普通のCMOS回路が駆動しやすい値のはず。 なぜ、内蔵抵抗の回路(1本じゃなく2本とか。もひとついうと、出力ダイレクト駆動じゃまずいか?等)選択の原理は、下記でも読んでくれ。ユーザは気にすることはあまりない(あえて言うと、消費電流:電力かな?) https://www.rohm.co.jp/products/faq-search/faqid/234 https://www.rohm.co.jp/electronics-basics/transistors/tr_what4

0

デジトラにR2は内蔵されているぞ。 デジトラでない普通のトランジスタでそのような回路を設計したいという話じゃないのか?

画像

>データシートをしっかり読み取ることが大事です デジトラのデータシートにR2の設計法が書かれてるのか?R1もR2も固定なのに、その情報を使用者はどう活用するんだ? R2の設計法が書かれたデータシートがあると主張するならそのURLを貼れよ。能書きなど必要はない。

0

抵抗内蔵型トランジスターアレーの入力信号レベルの事だと思われます。 R2という名称かどうか、プルダウン抵抗かどうかはメーカによって異なるので不明です。 データシートには入力信号のレベルに対して適する型名が示されています。 適する内部回路の抵抗値がどのような値になっているかはデータシートの内部回路図に示されています。 入力信号レベルで駆動できるかどうかが入力部の抵抗値で決まります。 データシートをしっかり読み取ることが大事です。