新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

家賃滞納に対しての回収について

法律相談 | 賃貸物件356閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(10件)

2

だって自分が払ってないんでしょう。 管理会社や大家に直接話をしに行けば聞いてくれるんでは?住居給付なら貸主に一筆貰うかもしれんでよろしくとか。遅くともいつまでに支払いできるとか。 役所にも確認入れて、申請から振込までのスケジュールを確認したほうが良いですよ。普通の人は家賃滞納なんかしないから。

2人がナイス!しています

1

家賃滞納が紛争となった場合、管理会社がそれでもや家賃督促を行った場合は非弁行為の可能性が高いです。紛争になってなく、ちょっと勘違いした程度でしたら許容されています。例えば家計などの問題で払えない事を宣言されている場合はすでに紛争状態です。 ミライルが保証会社の場合は別です。通常はミライルと入居者が契約します。ミライルは入居者が払えない場合に立て替え払いをします。ミライルは入居者へ債権を持つことになり、自分の債権を回収するので、他人の法律行為を代理していません。 ミライルが大家さんと契約していた場合は、大家さんへ支払ったとしても、大家さんへの債権であり、入居者への回収は弁護士でない限りできません。こうなるので、家賃保証会社は入居者と契約するのです。

1人がナイス!しています

2

コロナのせいにすんな。滞納する前に住居確保給付金の申請しておけよ。 これ名誉毀損ですよ。 ↓ 「オーロラと並んで、違法な債権回収を行っている「オリエント」 が、「株式会社ミライル」として稼働を始めた模様です。 この会社は、身に覚えのない家賃の取り立てをヤクザまがいの脅迫を して、いかにもそれらしく委任状と請求書を送りつけてきます。 サービサーまがいのことをしてる違法業者です。」 君なりに調べたんだろうけど、誤情報であっても自分に都合のいい情報を鵜呑みにするな。ネットに転がってる情報が全てだと勘違いして正義振りかざすな。そんな暇あるなら働けよ。

2人がナイス!しています

2

賃貸家主(オーナー)は、賃貸借物件の管理を賃貸借契約書に記載をし て、家賃の管理全般を委任している。(管理費用は5~10%) ↓ 委任を受けた賃貸管理会社は、賃貸借契約に基づいて賃借人からの家賃 の管理を行う。(賃借人への賃貸借契約書の合意に基づいた業務) ↓ 家賃回収会社は賃貸家主(管理会社)と賃貸家賃での『家賃保証』での 委託を受けて賃借人が家賃滞納をしたときには、賃貸家主に家賃保証を 行い、賃借人の滞納家賃の債務を回収することができる。 ↓ 家賃保証会社である『株式会社ミライル』が本件事件(家賃滞納の債務) での債権者である。 回答:債権者である株式会社ミライユが債務者(家賃滞納者である質問 者さん)に、債権者である債権回収での業務を取り扱うのは当然の権利 であり、賃貸借契約での『債務不履行』での債権者として「弁護士に依 頼をしなくても債務名義での債権回収業務を行うことは違法ではない」 です。 株式会社ミライユが賃貸家主・賃貸管理会社から『委任状での家賃回収 業務』を請け負ったことで弁護士に業務を委任することがなく家賃の請 求(債権回収)を行うことができます。 注意事項:質問者さんに請求書が送達されたときに、『賃貸家主(管理 会社)からの株式会社ミライユへの委任通知が同封』されていましたよ ね! 回答:ネットで検索をすれば、「30分無料相談の弁護士」を検索する ことができます。ただし、弁護士の回答は「家賃滞納の過失は賃借人に あり、また、賃借人(質問者さん)が滞納家賃の支払いを履行する意思 を明確にしているので、弁護士としての弁護にはならない」が回答です。 警察に相談をしましても家賃の滞納(質問者さんの契約不履行)が原因 であり、「株式会社ミライユの脅し・脅迫行為には該当しない」です。

2人がナイス!しています

回答、有り難うございます!あるところに書かれていますが、 「そもそも、滞納家賃を回収する行為は法律上の「債権回収」に あたります。債権回収を業務として行うことができるのは、弁護士であり、」 つまり、今回の場合、本来であれば、弁護士に依頼するべきでは ないですか? ということです。それと、払わないと書かれている方 がいますが、実際には収入減により払えないんです。 それはそうと、家主に連絡したら、「家賃は振り込まれています。 管理会社が立て替えてくれています」と、言っていました。 なにか、良くわかりません。裁判にしてもらえれば、納得できるん ですが・・・(民事訴訟になれば、裁判官の方と今後について 話ができるんですよね?) とりあえず、住居確保給付金の申請を進めます。