ID非公開

2021/2/20 20:44

1818回答

オーディオに金を掛けるってありですか。 学生時代にクラシック好きの友人にコンサートに連れて行かれました。

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/2/20 21:08

学生の未熟な演奏でも生の楽器は良いんですよ。演奏者と同じ空間にいるのが大きいのか。良く解りません。CDだとピアノのミスタッチや音符の長さを端折ったりが気になるんですが、生だと許せます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>オーディオは、缶詰やレトルト、冷凍食品の様な物です。 しかし、山奥に住んでいる人は昔は干物や塩漬けしか食べれなかったんですよね。今でも群馬とか山間部の県に行くと、生の魚は生臭いから嫌じゃ、魚は干物か粕漬に限るという人がいます。もちろん新鮮な魚は輸送されているんですが、親が食べないと子供も食べないんです。 音楽も一度も生を聴いたことがない人は生演奏は臭いから嫌じゃ、音楽は缶詰に限るというかも。

お礼日時:2/25 23:23

その他の回答(17件)

1

オーディオで音楽を楽しむのと、ライブを聴くのとは、 全く違った趣味ですよね。 音楽をいつでも楽しもうと思うなら、オーディオが必要ですし、 ライブ演奏を頻繁に聴ける環境でそれで満足なら、オーディオはいらないかもしれませんよね。 それぞれの価値観で判断していいのじゃないでしょうか? ぼくは、いつでも好きな音楽を聴きたいのでオーディオは、 それなりに凝っています。 もちろんライブ演奏にもたまには、出かけますよ。 でもその頻度では、満足できないので、オーディオは必要と思っています。

1人がナイス!しています

0

私の場合もお金はかけませんね。デジタルアンプは2000円、スピーカーは雑誌の付録の10センチフルレンジ、箱はキットの自作。音楽ソースはYouTubeです。

0

コンサートはライブです。 同じく車もライブです。 入り口にあたるマイクに相当する物のクォリティが高ければ、ライブコンサートレベルは簡単です。 車でラジカセみたいな音が一番難しい… その難しい音を追求してるのが、今のカーオーディオです。

画像
4

大前提として、生演奏とオーディオは全く別物です。 生演奏にオーディオ的なまとまりや聴こえかたの注文はつけられませんし、オーディオに生演奏のリアルさや臨場感、会場や空間の響きを求めるのも限界があります。 が、レコード芸術、再生芸術という言葉があるとおり、生演奏以上にそれっぽい雰囲気で再生したり、デフォルメした箱庭的な再生もまた良い物で、決して間違いではありませんし、お金や手間をかけてそこに拘るのも自由です。 オーディオは所有せず、コンサートのチケット代に所得をつぎ込むのも、またアリでしょう。 ひと括りに安物で充分!とか、高級機材でなければダメだ!とか、生演奏でなければ価値はない!などど、わざわざ世界を狭めるような考え方をせずに、生演奏、オーディオ、どちらからのアプローチでも音楽を楽しめるような感覚が大切かと思います。 たとえ目の前に何もなくても、誰も居なくても、頭の中で鳴り響く名曲や名演奏というものはあるでしょうし、何かの折にふと口ずさんでしまうメロディーもあると思います。 音楽ってそういうモノじゃないでしょうか?

4人がナイス!しています

1

鳥取に行ったとき、採れたてのイカのお刺身を食べてぶったまげたことがあります。ほんとに美味しい! でも、一夜干しのイカもスルメも美味しいものは美味しいです。 つまり、どれも楽しめます。 生演奏と録音も、また同じ。

1人がナイス!しています