バッハの平均律で教えを乞うた者です。 いろいろな知識をお授けくださり、どうもありがとうございました。

クラシック | 楽器全般85閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

本来なら皆様にBAを差し上げるべきところなのですが、多くの情報をご提供くださったmar様にBAを差し上げたく存じます。 皆様、これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

お礼日時:3/1 20:57

その他の回答(5件)

0

「聴く聖書」 素晴らしい言葉ですね。 自分もシェリング盤推しですが、まだ名前が挙がってない中からアルテュール・グリュミオーはどうでしょうか。

0

ヤッシャ・ハイフェッツのCDを買った事があるのですが BWV の番号で奇数がこっちのディスク、偶数があっちという具合に 構成されていて曲の解釈の都合上聞く気が失せて知人にくれて やりました。パルティータはバッハの声が強くそのため沢山の演奏を 聴き比べようとは思いません。結局パールマンの演奏を当たり前の ように聞いています。バッハの声をどこで知ったのか忘れましたが 「神への信仰心を持つよりもこの音楽を聞く方がよほど人々は救われる」 というものです。音楽監督といえども教会での身分は低く、そんな 者が曲の解説を行えば解雇されたことでしょう。ですから曲の解説が 一切ないのも理解できます。

なるほど、そういう曰く付きの音楽がパルティータだったのですね。パールマンですか。今度聴いてみますね。バッハといえば教会カンタータまで書いている人ですから、余程教会内での地位も高かったのだろうと思っていました。 勉強させていただきました。

0

なるほど、ナタン・ミルシテインも素晴らしいですよね。ただ、私に言わせるとアクセントの強調が穏やかすぎて、敢えて申し上げるなら、私の中では三番目くらいでしょうか。 早速のご回答、どうもありがとうございました。