回答受付が終了しました

ミラン・クンデラの小説を読む1冊目に 次のどれをお勧めしますか? 理由もあわせて教えてください。

回答(1件)

0

「存在の耐えられない軽さ」 クンデラの作風が一番濃く表されているから