回答(6件)

0

他に海賊版で大地の歌も見つかりました。 言っちゃ悪いけど、あの年から、長ーい交響曲を解釈し直すのはしんどかったんだと思います。

1

チェリーはスナイパー、プロの殺し屋。 音楽から魂、生命を奪い取る。 抜け殻となった音の死体は空虚な音響となって聴衆の前に投げ出され、虚ろに響く。 プロは証拠を残さない。 だから決して録音しない(笑)。 で、マーラー。 マーラーは往生際が悪い。 死への恐怖からか、のたうち回る。 「彼は混乱した人間だった。 足と腕のついたさなだ虫…」 9番なんか、作曲経緯も作品内容もその典型。 つまりプロの殺し屋、チェリーによっても止めを刺せなかった。 殺しても「復活」しちまうし(笑)。 いや、狡猾なチェリーの事、最初からそれを知っていて手を出さなかった。 神を信じるブルックナーや田舎者のチャイコなんてチョロイチョロイ(笑)。 あ、「なき子」と「大地」。 歌詞のある歌はのたうち回らないからね。 演奏してみれば分かる。 知らんけど(笑)。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11218047466 フルトヴェングラーは、 「マーラーはワルターに任せた」 とか言ったらしいすね? んだば、チェリーは誰にマーラーを任せたのか? まさかレニー? レニーがマーラーで、チェリーがブルックナー? まさか! チェリーとレニー、20世紀指揮界の2大汚れ(笑)。

1人がナイス!しています

0

マーラーが痛々しい等のインタビュー読んだ事ありますが ダメの基準が聴衆には解りません。

0