明智光秀は何故?本能寺の変の後に、安土城へと向かい安土城内にあった 財宝等を略奪したのか?

日本史 | ミリタリー114閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

いくら~献上等で、献金をしてもね。 主君を討った家臣の、明智光秀にと事後承認?等でも勅命! お墨付き?等を出しますかね。 いくら、朝廷とか公家衆、右大臣等とは面識があり、信長の 代理&仲介役等の立場、役職等の実績でもね。 信長は、自分が日本国王となり~神格化の予定、その後には 中国を攻める!等での案、構想だったとされているし・・・ 新規の体制!国作り・・・身分等を問わず、実力主義& 成果主義化!右大臣とか左大臣、関白等の役職を無くす? 平安時代の頃から、長年~公家衆での5つの各家、名門?等が 交代で順番で、右大臣等の朝廷の各役職を持ち回り! それを廃止!公家衆を追放?での政治思想等をしていた? という説もあり・・・ そういう事の実利効果は、弊害で危険!いくら主君でも 家臣での俺が、止める!等での目的もあった、という説も あるし・・・

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答をして頂き、感謝です。

お礼日時:2/28 0:24

その他の回答(7件)

0

こんばんわ、 歴史の事はよく知りませんが、お題を拝見して 以前読んだ菊池寛氏の著書にあった一節を 思い出しました。 明智光秀が本能寺へ討ち入る際の胸中を推察するに、 遺恨か、天下か・・・四分六か、七三か・・・ 否、五分五分だ・・・ と、書いてありました。 「本能寺はしの歩をつくひまはなし」(古川柳「柳多留」より) 「あの時歴史が動いたニャア~」

画像
0

当時の安土城には、信長の正室の奇蝶がいたはずで、奇蝶が信長殺しの犯人らしいです。光秀は、本能寺の変の当日愛宕山にまだいて、光秀与力の斎藤利三が奇蝶と謀って本能寺の変を起こしたようです。光秀は慌てて本能寺に追いつき、事後収集を図るために、特に京都の治安を安定させるために、奇蝶から財宝を譲りうけ、その資金に使ったようです。 秀吉は、光秀に罪をなすりつけるために、奇蝶の記録を抹消したようです。だから、記録から、奇蝶が抜けてしまったので、光秀の行動には不自然さが残るのです。ちなみに、信長は、光秀に家康を殺せと命じていたようで、明智の兵は家康を殺しに行くと思っていたようです。

回答をして頂き感謝です。 かなり前での某TV番組での特集等でも放送をして いましたよね。 美濃の国の大名、美濃のマムシとされていた、斉藤道三 その娘と結婚しても、義父を討ち、妻での正室の実家を 滅ぼした! 更に、追加で~その上!信長の子は、みな側室との間に 出来た子!だったとか・・・ しかも!信ぴょう性?等なのですがね。 信長の正室と、明智光秀は~実は、従姉妹同士だった? とか・・・ 京都の都の中に、軍事装備をして、2~3千名での 兵力で攻撃せよ!と、明智光秀の家臣、直属の上司にと 命じられて、明智軍の一般兵の中には、徳川家康様を 討つ!とばかり思っていた! でも、実際には大相違!本能寺という寺の名前とか その場所すら、明智軍の下っ端!一般兵は知らなかった! いくら、京都の教とか、近畿内の守護警備担当でもね。 全部!熟知とか周知はやはり無理!

0

山崎の戦いで秀吉に敗れて山に逃げたところを農民に殺されて終わりじゃないですか。

落ち武者狩りに遭い、負傷し~その後、自害! でも、別の説では、本当は生き延びて 天海 となった 説などもあるし・・・(でも、年齢差?等での不一致など) 本能寺の変の後の実際の動き(行動)計画性 政治面と謀略 策略 などの計画がかなりおかしい!変!明智光秀らしくない? と思うのですがね。 という事に関しては、各地での大名とか国人衆等に当てた 書状での内容が、非統一性!バラバラ~での多々! 本能寺の変を生起での理由と訳は、1つ?ではなく複数! 書状での記述での時間制限とか、書状での量の制限なども あるし、ま~全部!必ず本心の記述規則!ではない としてもね・・・

0

朝廷や五山に献金したのは、京の町内で騒ぎを起こした迷惑料です。 誠仁親王は、7日に吉田兼見を勅使として安土に派遣し、「京都の義別儀無きの様堅く申し付くべきの旨」を申し入れ、さらに9日にも、銀子五百枚を貰っても再び兼見を下鳥羽の明智光秀の陣に派遣し、「京頭(きょうと)の儀かたく申し付け候由」と二度とも「京都の治安維持」を申し入れています。 公家:勧修寺晴豊の日記『日々記』には、4日には「者共の(退)け、禁中小屋懸いよいよ正躰無きの事」と書かれており、禁裏御所内に避難民が勝手に「小屋懸」をしていることが分かります。 光秀がしたことは、人々にとってはこの様に大騒ぎで、大迷惑な行為でした。

回答をして頂き、感謝です。 確かに!京の都の居住中での民とか、朝廷等の関係者の方達も~ え!何?何だと~!長年、この~京の都を守り続けて治安維持 などにも大活躍と実績での、明智丹波の守光秀様が、主君での 信長公を討った!謀反を起こした。しぇ~!ひぇ~! 予想外&想定外! でも~騒乱に乗じて治安悪化、混乱生起で地区限定でも 社会不安生起での事実!迷惑千万!ですよね。 ま~朝廷等も!逆に~裏を突く!この際だ!発想の転換での 大チャンス!あれこれ多々~何かと理由を付けて、お金でお 銭を取ってやろう!とかね。 何せ、史実での事実で、応仁の乱が生起の際でも、それ以降でも 戦乱などの増加、京の都は焼け野原?となるくらいの損害で 略奪、強盗殺人も増加!

1

変後、京の町は大変な混乱ぶりですよ。 自暴自棄になった織田の残党が押し込みや狼藉のし放題で、御所に雑人が乱入し小屋掛けする者までありました。 「くび、しにん、かずかぎりなし」『日々記』 「洛中、騒動 斜めならず」『言経卿記』 「世上物騒、通路かなわず」『蓮成院記録』 町いくさ、をすれば必然的にこうなります。日本最大の町「京」なんですから混乱も最大規模です。光秀の想定を超えたかもしれません。 光秀が機能的な行動をとれなかったのは治安維持に没頭せざるを得なかったからと思われます。 奪った金品で宮中工作を行ったのは、朝廷が黒幕で無かった証拠ですよ。 命令に従い謀叛して、そのうえ献金では話の筋が成立しません。 あと、安土城を焼いたのは信雄なのに(フロイス)変な事書いている人が居ます。 bir********さんと質問者さんの難解な日本語の会話はまるでAI同士が語り合っているかの様です。よく疎通できるものですね。

1人がナイス!しています

回答をして頂き、感謝です。 応仁の乱以降、長年~京の都は、戦乱と戦火+窃盗、強盗 略奪の山!信長が始めて京の都へと行った際には、京の都の 住民が、恐れて逃げ出した者が大増加! で、木の板の立て看板!等を直ぐに作り、狼藉等をした侍は 惨殺!等の処置にする!と御触れを出して、治安維持回復等に 力を注ぎ!治安回復の効果が出てきたら、みかどと朝廷も 京の都の民も、大喜び! 京の町を守るのは、明智光秀!での使命等でしたし・・・ 実に、意外な事を教えて頂き感謝です。 安土城から略奪した金銀財宝等の一部を、朝廷にと献上! 宮中工作をした、やった事が朝廷が黒幕ではない!という 事になる等・・・ しかし・・・他の事で、事実か真実か?または、本音と建前! 詭弁?口の上手さ?なのか、虚偽?なのか・・・ 明智光秀が、本能寺の変の後に、出した各書状の中には