本土に居た大和民族は日本列島に八百万の神が誕生させた固有の人類だから アイヌは必然的に移民になりますよね

政治、社会問題 | 日本史22閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

素人ですが、 八百万の神 の前に、多に蛍火の光く神 や 蠅声なす邪しき神 などの 先住神がいたので、八百万の神 の方が 移神?

0

そもそも「アイヌ民族」が最初から「北海道」に住んでいたかどうかは、擦文時代の人骨(もしくは歯)によって核ゲノム(DNA)の調査を行わないと「わからない」ということになります。 擦文時代の人骨(もしくは歯)の核ゲノム(DNA)調査はまだ行われていません。 ----- 「本土日本」の先住民は「縄文人」です。アイヌ民族は、日本人の祖先の一つである縄文人に極めて近い集団ですが、若干違いがあります。縄文人とアイヌ民族は、古代に、中国大陸のどこかで分かれた「別集団」と推定されます また、アイヌ民族は、おそらく本州方面にも、一時的に入ってきたものと考えられますが、その後、北海道方面へ引き上げていったと考えられます。 Y染色体ハプログループを見れば、縄文人とアイヌ民族とは、明確に別人類集団であることがわかります、つまり ------------------------------------------------ ・日本人(大和民族)の片方の祖先=縄文人 ・アイヌ民族の祖先=アイヌ系縄文人 「縄文人 ≠ アイヌ系縄文人」となります。 ただし、「縄文人」と「アイヌ系縄文人」とは、同じY染色体ハプログループ「D1a2a系」であり、極めて近い人類集団であることは確かです。 ----------- 【Y染色体ハプロタイプ「D1a2」詳細で見ると以下の通り】 ----- 「Y染色体ハプログループ」は、渡来方向と時間軸がわかります 2020年4月16日改訂のISOGGの系統樹(ver.15.58)による D1a2a*←アイヌ民族(81,25%)◆ D1a2a1←本土日本人のみ D1a2a1a←アイヌ民族(6,25%)◆、本土日本人(6%) D1a2a1a1←本土日本人のみ D1a2a1a1a←本土日本人のみ D1a2a1a2←本土日本人のみ D1a2a1a2←本土日本人のみ D1a2a1a2a←本土日本人のみ D1a2a1b2b←本土日本人のみ D1a2a1b2b1←本土日本人のみ D1a2a1b2b1←本土日本人のみ D1a2a1b2b1a←本土日本人のみ D1a2a1b2b1a1←本土日本人のみ D1a2a1a2a1a1←本土日本人のみ D1a2a1b2b1a1a←本土日本人のみ D1a2a1b2b1a1a1←本土日本人のみ D1a2a1b2b1a1a1a←本土日本人のみ D1a2a1a2b1a1a1a1←本土日本人のみ D1a2a1a2b1a1a1a2←本土日本人のみ D1a2a1a2b1a1a1a3←本土日本人のみ D1a2a1b2b1a1a1b←本土日本人のみ D1a2a1a2b1a1a1b1←本土日本人のみ D1a2a1a2b1a1a1c←本土日本人のみ D1a2a1a2b1a1a1d←本土日本人のみ D1a2a1a2b1a1a1e←本土日本人のみ --- 省略 --- D1a2a2←本土日本人のみ D1a2a2a←◆北海道礼文島の船泊遺跡の縄文人 D1a2a2a1←本土日本人のみ --- 省略 --- D1a2a2a2b←本土日本人のみ D1a2a2a2b1←本土日本人のみ D1a2a2a2b2←本土日本人のみ D1a2a2b←本土日本人のみ ↓アイヌ民族の「Y染色体ハプログループ」は以下の通りです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C#%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E8%AA%BF%E6%9F%BB ↑ハプログループD1a2aが87.5%(うちD1a2a*が13/16=81.25%、D1a2a1aが1/6=6.25%) ---- ↓北海道礼文島の船泊遺跡の縄文人の「Y染色体ハプログループ」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%84%E6%96%87%E4%BA%BA#%E5%88%86%E5%AD%90%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E5%AD%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E7%B8%84%E6%96%87%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84 ↑北海道礼文島の船泊遺跡(縄文時代後期前葉から中葉(約3,800~3,500 年前))から出土した人骨・船泊5号のY染色体ハプログループがD1a2a2a(D-CTS220)であることが判明した。 【考察】これは、今から「約3,800~3,500年前」の北海道礼文島には、本州と同じ「縄文人」は居たが、アイヌ人は居なかったということを示唆しています。 ------------------------------ D1a2a*←アイヌ民族(81,25%)◆ の「*」とは、 「D1a2a1」系ではなく、「D1a2a2」系でもない、べつの「D1a2a」という意味である。 アイヌ民族の調査数が、日本人並みにべらぼうに多くなれば、D1a2a*=「D1a2a3」系とか「D1a2a4」系になる可能性があります。 つまり、日本人(大和、沖縄)とは、まったく別の「D1a2a」という意味である、これで「ハプログループ」でよく出てくる「*」の意味が分かったでしょう。 --------------------------- アイヌ人は、私たち「大和民族(ヤマト人)」の元となった「縄文人」に極めて近い系統の集団となりますが、おそらく中国大陸の何処かで「縄文人」と別れ、別行動をとり、樺太経由で日本列島に渡来したものと推定される民族集団です。 まず、北海道では、アイヌ文化の前に擦文時代があった。 そして、縄文人といえばつきものなのが「縄文土器」であるが、アイヌ文化は「鉄器」であって、伝統文化の中に土器が全く見られない。 擦文時代(さつもんじだい)は、北海道の歴史のうち、7世紀ごろから13世紀(飛鳥時代から鎌倉時代後半)にかけて、擦文文化が栄えた時期を範囲とする時代区分。本州の土師器の影響を受けた擦文式土器を特徴とする(青苗文化も参照)。後に土器は衰退し、煮炊きにも鉄器を用いるアイヌ文化にとってかわられた。 擦文文化からアイヌ文化への移行についてははっきりしたことがわかっていない。 擦文式土器=「土師器」に近い(本州の「埴輪」も土師器) ------------------------------------------- ↓コロポックル(Wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB ↓アイヌ人の小人伝説は北海道や南千島、樺太に広く流布しており、地域によって差もあるが、大体次のようなものである。 ---------------------------------------------- アイヌがこの土地に住み始める前から、この土地にはコロボックルという種族が住んでいた。彼らは背丈が低く、動きがすばやく、漁に巧みであった。又屋根をフキの葉で葺いた竪穴にすんでいた。 彼らはアイヌに友好的で、鹿や魚などの獲物をアイヌの人々に贈ったりアイヌの人々と物品の交換をしたりしていたが、姿を見せることを極端に嫌っており、それらのやりとりは夜に窓などからこっそり差し入れるという形態であった。 そんなある日、あるアイヌの若者がコロボックルの姿を見ようと贈り物を差し入れる時を待ち伏せ、その手をつかんで屋内に引き入れてみたところ、美しい婦人のなりをしておりその手の甲には刺青があったという(なおアイヌの夫人のする刺青はこれにならったものであるといわれている)。 コロボックルは青年の無礼に激怒し、一族を挙げて北の海の彼方へと去ってしまった。以降、アイヌの人々はコロボックルの姿を見ることはなくなったという。現在でも土地のあちこちに残る竪穴や地面を掘ると出てくる石器や土器は、彼らがかつてこの土地にいた名残である。 ---------------------------------------------- もう一つ、注意が必要なのは、「アイヌ人」は、「ヤマト人、オキナワ人」には入っていない、別の、第三の系統の人類集団の「DNA」が入っています。 ↓東京大学プレスリリース(報道機関への発表) http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_241101_j.html ↓ここを通過してきたという事です。本土日本人には「ニブフ」のゲノムは含まれていないので、「縄文人」と「アイヌ民族」との間には、明確な時間差があったという事になります。

画像

↓もともと、中国大陸に「縄文人の祖先」の母集団がいて、南北から日本列島に渡来したと推定されています。これが「縄文人」です。

画像