リスボン地震 (1755年)のメカニズムについて。

地学 | 地震16閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

詳しく回答ありがとうございます。リンク先、見させていただきました。There is little doubt that the Lisbon event is connected to the Gibraltar-Azores transform fault, separating the African and European plates. ということですね。scienceの記事は、いまアクセスする手段がないので、機会があれば確認してみます。(wikipediaの記事は、引用元の文献を見て最終的に確認するようにしてますが、リスボン地震の記事についてはちゃんとした根拠が示されていなかったです・・・)

その他の回答(1件)

0

地震はプレートの移動のせいではありません。この周囲の地震を見ると比較的浅い、10km付近の地震が多いようです。これは10kmに電子がたまる性質があるからで、電子がたまった岩石内部で放電が起きて、逆圧電効果で岩石が大きく変形するのが地震の原因です。また、震源が海底下で放電の電流が海中にあふれると、海水中でも放電が起きて衝撃波が生じます。これが津波です。 ポルトガルから東に向かって、イタリア、トルコ、ヒマラヤ山脈に連なる花崗岩地帯があります。この周囲では地震が多いのですが、原因は花崗岩が圧電体でかつ電子をためる誘電体であるからです。地震の原因は岩石(花崗岩、玄武岩)の逆圧電効果です。