ID非公開

2021/3/2 19:00

22回答

水草が黄色くなってしまいます。1ヶ月ほど前にリセットした水槽の水草が黄色くうまく育っていない様子です。 環境は60cm水槽で

画像

アクアリウム | ペット76閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/3/4 13:05

ありがとうございます。phは7.2あたりなので低いと言うことはないと思うのですよ... これでもマツモ、ピンナが黄色や白っぽくなってしまうのはどうしてなのでしょうか?

その他の回答(1件)

0

【回答】 端的に言います。 水槽立ち上げ間もない頃に茶ゴケが発生するのは、バクテリアの数が少なく、水質が不安定な証拠です。 殆どの場合、水槽の状態が整い仕上がると、茶ゴケとは無縁になるものです。 要は、バクテリアが浄化する力よりも、生体などによって飼育水を汚してしまう原因が上回った時に発生します。 ついでに… 長期飼育している水槽で、状態が整っているにも関わらず茶ゴケが発生した場合は、考えられる原因は… ①光量の問題 ②濾過不足 この二つが考えられます。 ①に関しては、必要時間以上にライトを照射している・太陽光が当たっている(季節によって、設置場所により、日が当たったり、影になったりするものです。)・照明の変更や増設です。 ②に関しては、濾過フィルター内(濾過材・パイプ・インペラーなど)の目詰まりや濾過マットの交換時期などが、考えられます。 要は、濾過が十分に出来ていなければ、アンモニアなどが発生すると、水質が悪化して茶ゴケが発生すると言うことです。 この場合、徐々に状態が悪化しているので、茶ゴケが発生した頃には、かなり重症だと言わざるを得ないです。 一言で言えば、メンテナンス不足です。 では、質問者様の場合はどうするか? ズバリ、換水です。 バクテリアが浄化する力が弱いのですから、換水してバクテリアの手助けをしてあげれば良いだけです。 やってしまった事をとやかく言っても始まりませんが、水草を植栽するタイミングが早すぎましたね…。(苦笑) 水が整った時点で水草を植栽し、60㎝水槽ならば茶ゴケ対策としてオトシンクルスを5匹程度を投入します。 前景草などがある場合、抜かれてしまう可能性があるので、ヤマトヌマエビなども投入しません。 投入するのは、しっかりと根付いてからです。 そして、苔が発生する事もなく、水草が健康的に成長しているのを確認できたら、初めてその他の熱帯魚を少数づつ、投入していきます。 質問者様にも都合があり、受け入れられるかは分かりませんが… 私ならば、調子の悪い水草は全て抜いて、ストック水槽にでもキープしておいて、水質が安定したら再度植栽し直します。(このまま、放置しておいても、手を打たなければ遅かれ早かれ枯れてしまいます。) その間に変色・枯れてしまった葉は切除します。 *蛇足ですが… 私が20年以上アクアリウムを管理して培ってきた新規水槽の立ち上げ方が、このアクアリウムカテゴリに残っていると思います。 宜しかったら、探して参考にしてみて下さい。(╹◡╹)♡

ID非公開

質問者

2021/3/4 13:00

ありがとうございます。茶ゴケについては水質が安定してきたのか解決することが出来ました。しかし、新芽の色が悪いのはまだ解決してくれないのですが、これはどのようにして解決すれば良いのかアドバイス頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。