回答(4件)

2

ネットの方は同じIPアドレスとアカウント作った時期と登録した住所と思うよ 後は購入履歴あるかないかの情報もしらべるだろうしね 同一人物が抽選申し込みで複数申し込みするなら抽選申し込み発表した後と思いますから発表後に複数アカウント作った人が多いと思う まずは 複数同じIPアドレス申し込みした人としてない人で自動的にに振り分けるんじゃないかな IPアドレス同じで複数申し込みした方に振り分けされた人は住所が同じ人かいるかを検索して同じ住所出てきたらアカウント作った時期を確認してその後は購入履歴をチェックすると思う 普通はアカウント作るときに欲しいのあるからアカウント作るでしょう 例えばさ住所同じでもさ兄ちゃんも弟も同じ家で申し込みしたらIPアドレスが同じでしょう ほとんどのネットの抽選申し込み始まった時に〇ヶ月前にアカウント作った人で購入履歴あるかたのみ申し込み権利ありますで書いていた会社が多い スマホのアプリの場合は複数スマホ持ってる人もいるから最終的にアプリのアカウント作った時の名前と住所とお持ちの身分証明書確認して購入できるようにしているでしょう スマホの方は当選した人は抽選もう一度しようとしても自答的に落選なるように作られていると思う

2人がナイス!しています

2

抽選で当たった時、引き取りに行ったら身分証明書提示させられました。 そこからわかるんじゃないですか?

2人がナイス!しています

1

同一アカで名前が違う、住所が違う、別アカで住所が一緒、連絡先が一緒などですかね

1人がナイス!しています