ID非公開

2021/2/25 4:03

22回答

日本みたいな必要な物がすでに揃っている国って今後は無駄な物が増えるだけで希望もないから自殺とか若者の失望感が強いわけなんですよね?

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/2/25 4:20

飛行場なども1000人も使わないような空港がふえまくってますよね 失われた30年とか言われている間に さっきもテレビでコナン但馬空港やってたけど 1日小さい飛行機が2本ぐらいとんでいるだけ そんなののために公共事業でつくったんですよね 必要な物、便利な物を作っていっていた高度経済成長期 必要な物は完成されている今の先進国の時代 前者のほうが不便な時代ではあるがやりがいや希望はある 今は便利ではあるが希望はない社会と思う。 仕事なんかもやりたいというよりたんに生活費稼ぐ為に しているってだけのひとがほとんどを今はしめるでしょう(自分も含めて)

その他の回答(1件)

0

まず、人口減少時代ですから基本的に経済は拡大しません。 さらに、不安定な非正規雇用に加えて将来年金を貰えない可能性が大であるため若者は結婚もできないというのが現実ですね。 家電製品などの消耗品は買い替え需要しか期待できなくなっています。 自動運転車が実現しますと爆発的に売れる可能性はありますが、その後はやはり買い替え需要だけになります。 リニア新幹線を利用する人もほとんどいないでしょう。 高度成長期には不要な箱物を作ったり、やはり不要な港湾や道路工事などに金を浪費していた訳ですが、これからは古くなった道路や橋梁、水道管などの補修に莫大な金が必要になります。 アホか?