ID非公開

2021/2/25 9:11

44回答

当方50歳公務員なのですが、idecoもしくは積み立てNISAを始めてみようと思います。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

iDeCoの特徴は十分に理解されていますか? iDeCoの掛金を所得控除できるというのは、節税ではなく税の繰り延べ(後払い)であり、受取時に課税されます。 公務員という事なので、ある程度まとまった退職金が期待できるかと思いますが、iDeCoを一括受け取りする場合、基本的に退職金と合わせて「退職金控除」が適用されます。 退職金控除の枠からiDeCoの積立額と、運用益が外れてしまうと、積立額と、運用益の両方に課税されます。 もし、ある程度退職金の目途が立つのであればそのあたりもしっかり考えておいた方がいいです。 ちなみに、60歳でiDeCoを一括受け取り、65歳まで働いて退職金を受け取りという様にiDeCoを先に受け取り、5年以上開けて退職金を受け取ると、合算ではなく、それぞれで退職金控除を受けられるのでその辺もよく理解の上、出口戦略を立ててみてください。 私のおすすめはつみたてNISAですかね。 リタイア後、すべてを現金化するのではなく、退職金や年金を生活費に充てつつ、取り崩しが必要になるまで運用は続けて、場合によっては運用資産のまま相続してしまうのも手です。 その場合は、子供に対してもある程度金融教育をしておいた方がいいです。 ご参考まで

1人がナイス!しています

1

モーニングスターのイデコの説明動画 https://youtu.be/CFtpaYCg4kk イデコで所得税減税のメリットは働いているうちにしかできない。 年間の節約の金額を動画でみてください。 3000円くらいでもイデコに積み上げておくといいと思います。 積み立てNISAも3000円でもいいので毎月コツコツストレスのない資金を入れていく。ファンドは100円から投資できます。500円貯金のつもりでファンドをしてもいいと思う。

1人がナイス!しています

1

月1万円では悩む必要はありません。 IDECOを始めたらいい。 60歳まで引き出せないから、確実に貯まるのです。 積立NISAは自由に売却できるので、貯まりにくい。 55歳になって資金の余裕が出来たら、積立NISAを始めたらいい。

1人がナイス!しています