bts の曲日本語バージョンがありますが、このように他国の言葉でカバーしてるのは日本語だけですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

補足です。 Boy In Luvの中国語バージョンだけで 2015年3月8日に台湾コンサートで初公開して音源のみ出てます。 韓国語は2014年2月、日本語ver.は2014年7月にCD出てます。 特にマカオや香港や台湾ぐらいしか活動出来にくいくらい中国本土での活動はよっぽど人気があったり中国人メンバーが居ないと活動は難しいみたいで、中国に本格的に売り込むぐらいに限韓令(韓流禁止令)が出たんだと言うarmyもいました BTSとしての英語曲はdynamiteだけですが、スティーブアオキさんのアルバムでコラボとして参加した"waste it on me"がグクとナムさんメインでありますよ。あとは個人曲でナムさんとテテが数曲英語曲を歌ってます。 世界のCD市場は70%が日本で売れており世界1位。 音源は日本は世界3位で一人当たりにCDや音源買ってる割合もノルウェー.デンマークに続き3位が日本。6位にアメリカ、13位が韓国です。 日本のアイドル文化は握手会で複数購入の文化もあるし公式グッズにこだわったり日本国内ツアーも規模別に会場も多くて見に行く人の割合も多いしおじさんおばさんまでアイドルにハマり長く活動しやすい。 それに日本は海賊版も出回りにくいし音源よりも利益が良いし活動しやすいから。 アメリカ活動が忙しくなり韓国も中国も東南アジアも音楽を売りやすい市場で売れれば日本語バージョンなんて無くなってきちゃうかも。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました