真面目な話です。戦争にかなり興味があるのは悪い事ですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

優しく回答していただきありがとうございます!とても安心しました!

お礼日時:2/25 23:04

その他の回答(7件)

1

きっかけは、戦闘機やメカでも良いでしょう。 興味を持つことこそ、知ることの入り口ですからね。 科学や、技術の発達とも無関係では無いですし。 ただし、それはそれ、これはこれ。 その入口で立ち止まって、満足せずに踏み込んでください。 そして知ってください。 兵器の発展と進化、そのバリエーションは、装備は、お国柄が出るところですけど、これも、持てるもの、持たざるもの、今までの経験則や、体験から、差が出てきます。 こういうのも、それぞれの国が、どんな国であるかを知る切っ掛けにもなります。 また、兵器に興味があるなら、日本の各種の特攻兵器に関しても、よく調べて知ってください。 だれが、どうみても、ガラクタにしか見えない、バァカ丸出しで意味のないモノを、なぜ発明して、生産して、実際に運用まで至ったのか、「えっ、それ、オカシイじゃ無いですか?!」となぜブレーキがかからなかったのか、なんでそんな事になったのか....こういう事も考えてましょう。 机上の空論ならまだしても、実際に作られてた、スペック重視で、突出した機能や性能があっても、「それっ、どうやって運用するの?!」 その辺は置いてきぼりの珍兵器とか、まあ、各国色々で、ほんと色々です。 人を殺害する目的の兵器ですが、珍妙すぎて、「それってギャグ?!」なモノもあります。 (もちろん、その真逆なモノもあります、その機能や性能を遺憾無く発揮をしているモノもあります、でも、その性能を遺憾無く発揮すれば、その背後には、大勢の人命が散っている事も忘れないで下さい)。 兵器を通じて見ると、ほんとのところは、人類は進化もしないで、バァカなんだとも感じるはずです。 後先を考えない結果、戦争から100年たっても、人がまともに踏み込めない地域さえあります。 https://karapaia.com/archives/52193942.html ほんと、バァカなんだな~と。 で、こういうのは、100年前の話ではなく、現在、進行形であり、深刻な環境被害や、人的被害は、戦争後も続きます(例えば、劣化ウラン弾の使用とか)。 そういうのも、どんな兵器が使われたかをしってこそ、理解が深まります。

1人がナイス!しています

1

異常な反応ではないと思いますし、悪い事でもないと思います。悪い事なのか・・・と悩んでおられる事から、きっと生真面目な性格の方なのかな?と思います。 極端な話、興味を持ったり、ワクワクするだけなら、戦争だろうが猟奇殺人だろうが、全然構いません。 ただ、あまり人には話さない方が良いでしょうね・・・(笑)

1人がナイス!しています

1

いいえ、全く悪くありません。 男子たるもの戦争に魅入られるのは当然です。 機能美あふれる兵器は格好のいいものです。 ただし 正直に、周りに語って良い事は一つもありません。 秘するが華 というものです。 あと、ちっとも長くないのに謝罪をするのも解せませぬ。

1人がナイス!しています

1

別に悪いことだとは思いません。私も兵器や戦史、戦略論や戦術論など大変興味が有り、様々な本を買って読み漁っております(年齢的にネットではなく書籍なのですが)。 ちなみに政治的志向としては右ではなく左寄りの人間です。ですが興味のあるものは興味がある。それだけのことです。 戦争はご指摘の通り悲惨なものですが、人間が直面する様々な事態や行う行為としては特別なものではありません。 戦争の悲惨と戦争に関わるものへの興味とは別と考えてよいのではないかと思います。ワクワクするから戦争があれば良い!などと考えてしまうようでは困りますが。

1人がナイス!しています

1

悪いことではないと思います 昔、黒柳徹子さんが話していたのですが ユニセフの活動などで紛争地に行ったとき たまたま武器マニアの人が一緒についていっていて、 被害状況からどんな武器が使われているのか知ることができ 現地の状況をより知ることができたから良かった らしいです 私も戦史について興味がありますし ワクワクといった感じがするのもわかります

1人がナイス!しています