スピリチュアル界隈の話で、魂の修行のためにこの世に降りてきているとよく聞くのですが、本当かどうかはおいておいて、

超常現象、オカルト74閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ということは、この世は永遠に神を増殖させるための装置ということになります。神を無限に増やす意味は現時点では分かっていないのでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、いろいろなご意見ご回答ありがとうございました。

お礼日時:3/4 17:25

その他の回答(6件)

0

現時点でわかってることって言ったって科学的根拠があるわけじゃないから誰が発言してもただの妄言にしか聞こえないとは思いますが、個人的な「感覚」としてはnekonekoさんにほぼ同意です。というかむしろそう考えるしか、この世の嫌なこととか論理的に説明つかない。帰納法っていうの?こういうの。(違うかもw) 最終的にはフラットな状態になると思います。 ただ神ってのは信じてない。これも定義次第だけど、いるなら人間が想像するような人格(?)のある神じゃなくて宇宙そのものが神だと思う。 そもそも「最終的」という言葉も疑問。「最終」は自分たちからしたら未来だけど、実は今すでにそういう世界が別次元にあるのかもしれない。そしてそこには修行をすべて終えた自分たちの魂が”もう”すでにいて、今ここにいる自分たちはそれらのもう一人の自分たちに向かって修行するようプログラミングされてるだけかもしれない。 あの世の世界での時間軸が一直線しかないとは自分は思えないんだよね。 こうやってオカルティーな事考えてるとどんどんやばい方向にいきますな笑

そうなんですよね、考えたところで分からないということは分かってるんですけど、あまりにもこの理不尽な世界が存在していることが不思議でしょうがなくて。。いっそネタバレしてくれた方が今より良い世界になると思うんですけどねぇ。

0

磨いた先にあるのは、壊れない自由と何もしなくても常に心が幸福でいられる世界です。 それを解脱と言います。

0

知らんですけど、汚いものの中にあってこそ、それとの対比で初めてキレイさが分かるので、最終的にはこの世に降りっぱなしになるんじゃないですか。 愛憎うずまく世の中においても清らかさを保ってこそ心がキレイだと言えるわけで、もし心がキレイな人ばかりが住む国に行くのだとしたら、そこでは何事も起きないわけだから、そりゃ誰だって清らかでいられるし、心がキレイかどうかも分かりづらいでしょうよって話です。