最近はローコストで家が買える広告を良く目にします。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たくさんのご意見ありがとうございました。参考に致します。

お礼日時:2/26 21:54

その他の回答(4件)

0

月々3万円の返済で40年ローンを組みますと1%以下の金利では1000万円から1200万円借り入れる事ができます。 土地があり、頭金が2000万円ありますと家られます。 2019年11月19日に○クルート社が住宅の平均請負金額を発表しましたが、全国平均で2902万円、首都圏平均で3034万円の請負金額です。 消費税8%当時です。 皆様3000万円は家を建てるのにお金を掛けられています。 ローコストは仕入れ原価はローコスト、材料も品質よりもローコスト、人件費もローコスト、又は安い賃金でも他では雇って貰えず仕事をする職人、検査もローコストですが、建築会社はしっかりと利益は確保しています。 引き渡し後の点検もえおコスト、アフターメンテナンスもローコストです。 契約前の見積もりはローコストですが、追加、オプション工事は定価、高額見積もりになる事もおおいいです。

0

概算計算してみると月約4万円の返済を変動金利0.5%35年返済とした場合、借り入れは1500万円程度になります。 土地を500万円程度で購入して建物を1,000万円程度で抑える事になります。 (割合は適当ですが、ある程度妥当だと思います) 1,000万円で建てれるか?であれば建てれるでしょうが、コンパクトな大きさが大前提で且つ仕様には目を瞑る必要があるでしょう。 また、手数料や外構工事費用が別途必要なので手持ちの預貯金から出すか別途借入が必要です。 住宅ローンを低金利で借り入れ出来るのは本人が住む前提です。 賃貸に貸し出すには不動産事業となるので高い金利になるでしょう。これはご自身でお調べください。 また、質問者様に貸し出す意思があっても、物件に魅力がなければ賃借人は付きません。 売却する際も同様です。 今の賃貸物件に不満があるなら素直に引っ越しされるのが良いのではないでしょうか。

成る程、素直に引っ越し鉄筋コンクリート構造のアパートに引っ越ししたが良さそうですね、壁薄過ぎイライラ問題を解決する為に引っ越し代初期費用などなどは痛いですが_:(´ཀ` )

0

・月々3万で買えるかは、その地域の相場や物件次第。価格1000万強(手数料を加味するならもっと下)ですから、古い中古をリフォームなしで買えば、あるにはありそうです。 その広告はおそらく「土地代抜き」の話では。 ・一般論的な家賃相当(ファミリー向け家賃8万~10万)なら普通に買えます。 固定資産税や修繕費が別途かかりますが、生涯の総コストで見ればほぼ同じか、買う方が安いです。 ・住宅ローン返済中は、通常は賃貸に転用はできません とりあえずお住まいの地域の物件情報を適当に検索してみましょう。すぐに実態がわかるはず