アリの習性と人間の関係についてです。 行動学のジャンルになると思います。

昆虫 | 日本語10閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

その他の回答(2件)

1

私が聞いたことがあるのは、働きアリの集団に、とてもよく働きアリが2割、 普通に働くアリが6割、あまり働かないアリが2割いるということです。これを、2:6:2の法則と言うそうです。とてもよく働いているアリだけを選んでも、さぼりだすものが現れたり、さぼっているものだけを選んでも、すごく働くものが現れたりして、ほぼこの比になるそうです。会社などの人間の組織内でも、この2:6:2の法則は成り立つそうですよ。

1人がナイス!しています

0

単純にその話めちゃくちゃ面白いですね。 ありがとうございます笑