虫には可視光でなくて紫外光を見てるものがいると聞きましたが、紫外光を見る事でどう言うメリットがあるのですか?

昆虫26閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:3/4 13:49

その他の回答(2件)

0

花は受粉を媒介してもらう蝶や蛾のために、蜜の場所をピンポイントで伝えることで互いに共生関係を保っている。(吸蜜ポイントが紫外線を吸収し黒っぽく見える) 夜行性の昆虫は、月の光に含まれるごく僅かな紫外線を視認する事で、水平に飛ぶことができる。

0

モンシロチョウは,雌雄で翅の紫外線反射率が異なり,雌雄の出合いに役立っているという研究は大変に有名です↓日高敏隆「蝶はなぜ飛ぶか」 https://www.iwanami.co.jp/book/b508147.html 花は紫外線を反射し,訪花昆虫に蜜のありかを伝え,花粉の媒介をしてもらっています. https://gigazine.net/news/20070809_insect_eye/ 昼間に網を張るコガネグモ類の網の糸は,夜に網を張るオニグモ類と比べ,紫外線を反射しにくく,昆虫にとっては見え難いという話もあります.昆虫は昼に活動するものが多いですから,これは虫(昆虫)にとっては,クモにしてやられたということでしょう.