回答受付が終了しました

印刷する原稿を書いています。

回答(4件)

0

うちの会社では356dpiです。会社によっては、350だったり300だったりします。 もともと、SCITEXというイスラエルのコンピュータでは、解像度はRESと言って、1mmのピクセル数が使われていて、RES14が356dpiになります。 当時は、人物は254dpi、車のカタログは356dpiで分解していました。 ところが、アナログからデジタル製版になって、人物や車が1つのページに使われていたり、小さい写真がたくさんあるような雑誌などでは、ジャギ対策として車のカタログに合わせて、356dpiに統一されました。 創価学会や選挙ポスターなど、品質が重要視されるものは、そのサイズで356dpiに変換して、品質を合わせ、シャープネスなどを統一します。 一般的な印刷は、175線か133線ですが、300線のような高解像度印刷では、356dpiでは足りません。 一般的な製版では、入稿したままの解像度で使用するのが基本です。製版データを出力する際に、レイアウトは2400dpi、画像は356dpiで出力します。

0

>欲しいサイズに画像を小さくすると、dpiが350を超えてしまいます。 超える分には 400でも500でも DPIが大きくなるのは、かまいません。 画像を配置したソフトの上で、望みのサイズになるよう縮小しましょう。

0

印刷所で頼む予定で、そこで指定されているなら、合わせるべきでは? 解像度の高いものを(別に使う予定があるなどで)作っておきたいのであれば、データを複製して印刷所に出すものだけ指定の解像度と大きさにあわせて保存すればいいかもしれません。ただ拡大や縮小をすることになるので、補間方法によっては画質の劣化が問題になることもあるかもしれません。 家庭や職場のプリンターで自分でやる場合は別に厳密に考えなくてもいいと思います。 テストプリントしてみて、自分の目で見て確かめてみたらどうでしょうか。