仏教の日蓮大聖人も「死刑執行」が決定され、「死刑執行」のその時に「空に火の玉が現れ(私の見立て:隕石)が現れ、死刑執行者が驚き、

宗教26閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

2

龍の口刑場で日蓮を処刑するとき、江ノ島のほうから光る玉が飛来し、太刀取りは目をくらまし、周囲の兵も怯えたり逃げたりして処刑できなかったとは、日蓮遺文の種種御振舞御書の記述です。 日蓮の書いた手紙にだけ書かれている「自称」です。 私が思うに、度重なる日蓮の他宗誹謗(貞永式目に違反)に対し、幕府はお灸をすえたのだと考えています。 ひとまず処刑の体をとって刑場に連行し、そこで処刑するフリだけして「次はないぞ」と脅して返したのだと思います。 当時は今のように情報網が発達していません。 余程周囲の人間以外、顔さえ分かりません。 執権北条氏の顔だって、当代の朝廷の帝の顔だって人々は知らなかったでしょう。 幕府も日蓮のことについていちいち庶民や武士階級に細かいお触れを出したとは思えません。 ですから、日蓮は自分を大いに脚色して嘘を触れて回ったのではないか、そのように思います。 ただ、日蓮系教団としては、この奇跡を否定すると色々都合が悪いです。 日蓮宗なんかは、龍の口で日蓮が座ったという敷皮石なんていうものが伝わっていますが、眉唾ものだと思っています。

2人がナイス!しています

1

そこがおかしいと思いませんか? 神が守っているなら端から死刑になるようなこともないでしょう。

1人がナイス!しています

さて,飢きんがその地に起きたので,アブラムはエジプトに下って行った。そこに外国人としてとどまるためであった。飢きんはその地で厳しかったのである。11 そして,間もなくエジプトに入ろうとしたとき,彼は妻サライにこう言うのであった。「さあ,お願いだ。わたしは,あなたが容姿の美しい婦人であるのをよく知っている。12 それできっと,エジプト人はあなたを見ると,『これはあの男の妻だ』と言うことだろう。そして,きっとわたしを殺し,あなたは生かしておくだろう。13 どうか,わたしの妹だと言っておくれ。あなたによってわたしが無事でいられるようにするのだ。わたしの魂はあなたのおかげで必ずや生き長らえられるだろう」 と言う事がありました。 アブラハムは嘘を言うようにサライに頼みました。