回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/28 5:21

44回答

母の相続について質問です。

法律相談40閲覧

回答(4件)

1

先ずはお母さんの入所している施設の入居契約者は誰になっているか?を問い合せるべきです。おそらく長女になっていると思います。そうすると、施設入所費用は長女宛てに請求されるはずです。長女名義で支払わなければなりません。その額をお母さんの口座から引き出すのは問題ないはずです。そういうことを繰り返しているうちに、誰の資産かがわからなくなっていったんだと思います。 次女、三女が、それを看過していたのは何故でしょうか?

1人がナイス!しています

法律上、相続の場合、保険として残される財産は名義人のものとなるようです ⇒厳密にはそうではありません。その保険料を誰がいくら負担したかによります。全額をお母さんが負担したのであればお母さんの名義保険です。

1

保険会社に聞けばいいことです。 満期になって支払ったか、まだ解約されて いないか答えてくれます。 預金のことは本人を問い詰めるより方法は ありません。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/28 10:41

回答ありがとうございます。 保険についてですが、満期になっていても解約せずのケースもあるのでしょうか? 支払った場合、解約されてない場合、両者いずれの場合でも、保険会社には、長女が聞くしか手段はないのでしょうか?

1

不正かどうかは、お母さんの認識にもよります。不正を完全に明らかにするためには(不正があったとして)、お母さんのご認識と長女の方の行動が食い違っていることを一つ一つ照らし合わせていくしかないでしょう。●月●日の支出はお弁当を買ってとだけ頼んだのに(その証拠はこういう録音です)、長女がお弁当とお茶を買ったので(レシートはこれです)、お茶の分は返金しなさいみたいなことになります。難しいですよ。宝石についても、では今どこにあるのかを示さないと、長女が隠匿しているなどという主張は憶測の域を出ません。お母さんが確かに預けたという証拠(渡している写真や預けたのであって贈与したのではないという録音など)があっても、紛失したというチョンボの世界に入り込むかもしれません。 保険については、名義貸しであったという認識をお母さんがどこまで示せるかということと、保険会社にとってみてどこまで名義貸しを認識できるかということです。もう満期であるということは満期保険金があればそれを受取人に指定されている人が受け取って正当に契約は終了しているわけです。銀行預金の名義貸しに比べて、保険は契約者・被保険者・満期や死亡の受取人など関係者が複雑で固有であるために、名義貸しは認められにくい場合があります。

1人がナイス!しています

1

保険証書を紛失したと再発行をしてもらい、お母様に返すのはどうでしょう?手続きには長女の協力が必要ですが、事情を聞く限り協力せざるを得ないのではないでしょうか。 そして、もしも解約されていたなら、誰がいつ解約したかを調べることになるでしょうね。振込先の銀行口座の情報など、保険会社に問い合わせてみてください。

1人がナイス!しています