ファーストガンダムについてです。 Nフィールドの空母ドロスが撃沈されたのは ギレン総帥の死亡と関係がありますか??

アニメ35閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:3/5 8:33

その他の回答(3件)

0

作中では描写されているものは(たぶん)ありません。ただ、総帥暗殺が9:25、ドロスの撃沈が直後の9:40とのことですから、関連性を感じさせる時系列ではあります 志美宇丹さんは無関係とおっしゃっていますし、それもまた一つの否定されざるべき意見であろうとは思いますが、自由に移動してヒットアンドアウェイを任務とする独立した機動艦隊ではなく、要塞の定点に配備して防衛ラインを担う主要艦艇(というか実質移動可能な防衛陣地)なのですから、当然発見されれば連邦としては集中攻撃なり、逆に迂回なりで対策を行うべく動く(撃沈されたことを考えれば前者か)はずですし、防衛側も連邦がドロスに対してなんらかの対処を行った時点で、やはりそれに対抗する措置、いったん要塞背後や支援火力の充実した表面付近に下がるなり、他の余裕のある戦線から部隊を増派するなど対策が取られてしかるべきです。前線指揮を総帥が自ら執る以上はリアルタイムで指示を出すからこそ意味がありますからね そういったリアルタイムで進行する戦場の動きに総帥暗殺からキシリアの全権掌握(そしておそらくキシリアの戦術指揮自体ギレンに及ばなかった可能性や、総帥の死を察知したデラーズ率いる親衛隊の離反も含めて)までの間に対処できず結果として沈んだ可能性はあります まぁ、いうてもそんな描写もまたないんですけどね。私の勝手な想像(関与ありver.)です。そういう描写のないところを想像してあーだこうだ考えるのもガノタの楽しみです

1

当時は「キシリアがギレンを撃ったビームが到達して沈んだ。」なんていう馬鹿がいましたねえ。 まあ、ギレンが殺されて、キシリアに移行するまでの「指揮系統の乱れ」が原因でしょう。

1人がナイス!しています

2

ギレンが殺されて一時ジオンの防衛線がゆるんだとはミライさんか誰かがアニメの中で言ってたと思います。 関係あるかもしれません。

2人がナイス!しています