武田勝頼は穴山信君の不審な動き(裏切り)を最後まで気がつかなかったんですか?

日本史41閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

知っていても打つ手がなかったのでしょう。 次から次へと寝返って、最後の方には手勢が数百名程度だったと言われているので気はついていたと思いますよ。 定説では、最後に小山田信茂が寝返って進路を塞がれたとあり、この時点で手勢は数十名だったと言われています。