ID非公開

2021/3/1 17:00

66回答

時代劇の定番のストーリーですが、江戸時代の奉行などの役人や、藩の要職に就いている武士

日本史 | 歴史35閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/3 5:17

大変お世話になりました。お陰様をもちまして疑問を解消することができました。 回答ありがとうございました。一つ物知りになれました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答をしていただけた皆様、ありがとうございました!

お礼日時:3/3 5:17

その他の回答(5件)

1

バレたら武士は切腹、商人は磔で店屋は閉門 だろうが中々ばれないところが悪党のシブ とさかな。世の中の善と悪とを比べれば 恥ずかしながら悪が勝つ。神も仏も無い ものか。浜の真砂は尽きるとも尽きぬ恨みの 数々を晴らす仕事の裏稼業。お釈迦様でも 気が、つくめぇ。

画像

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/3 5:16

大変お世話になりました。お陰様をもちまして疑問を解消することができました。 回答ありがとうございました。一つ物知りになれました!

1

いい加減な回答ばかりだな 癒着は厳しく禁じられていた 癒着とは言えないぐらいの、ちょっとしたことで (もちろん賄賂なんて無い) 切腹になった武士が居た

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/3 5:16

大変お世話になりました。お陰様をもちまして疑問を解消することができました。 回答ありがとうございました。一つ物知りになれました!

1

あったでしょうが、今のような競争入札のような制度もなかったと思うし、藩に出入りできるレベルの業者というものは代々決まってたでしょうから、現代感覚で言う「ワイロ」というより上納金、あるいは慣習のようなものだったと思います。昔は決まった日に金品を贈りあう慣習が非常に多く、だからこそそれが回りまわって年俸3両程度の下級武士でも何とか生活できた。幕府や大藩ならともかく、一般の中小藩の奉行や与力、代官や手代といっても俸禄は大したことはなく、出入り商人や豪農の方が収入が多かった場合がほとんどなので、こうしたワイロも一種の「生活の知恵」的な扱いだったと思います。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/3 5:16

大変お世話になりました。お陰様をもちまして疑問を解消することができました。 回答ありがとうございました。一つ物知りになれました!

1

盆暮れの挨拶(付け届け)は常識。商談の際は挨拶、御礼も常識。 冠婚葬祭、節句のお祝いも必要。昭和45年頃まではごく普通に行われてた。 医師に対しても付け届けはやってたよ。学校の先生にも。消防署なんか金集めに来てた。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/3 5:16

大変お世話になりました。お陰様をもちまして疑問を解消することができました。 回答ありがとうございました。一つ物知りになれました!

1

特定の商人を藩の御用達にするのは藩の重職なのでかなり癒着はあったと思います。それが執政の徳権のように認識されていて厳しく取り締まるようなことは無かったと思います。目付と言えども重職の派閥に属していることが多いので。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/3/3 5:16

大変お世話になりました。お陰様をもちまして疑問を解消することができました。 回答ありがとうございました。一つ物知りになれました!