ID非公開

2021/3/2 8:40

55回答

土地家屋調査士が建物登記の際に現場を巻尺で測量してますが、器械より精度落ちるし、意味あるんですか?トータルステーションの方が精度いいですし。

資格 | 不動産88閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

1

トータルステーションで測定すると無駄に精度いいだけのことです。 建物登記するのにミリ単位の計測なんていらないからです。

1人がナイス!しています

0

建物の測量は巻き尺よりもレーザー測定器でしょう。 巻き尺は精度云々ではなく、目視での確認が主な目的。 精度ならトータルステーション>レーザー測定器>巻き尺の順です。 建物の場合は、その土地に建物が建っていることが把握出来るだけの精度であれば良いのです。 自分は1センチ単位の精度で出していますが、究極、5センチ単位だろうと必ずしも『ダメ』だということもありません。 なお、各階平面図は単位はミリなので、図面どおり建物が建っているのかが重要なだけで、巻き尺で測定するのは単なる確認の意味でしかありません。 建物の測量で観測手簿なんで出さないですよね。

0

調査士もそれぞれですよ。 巻き尺を併用してる人もいる。(室内を測る場合は巻き尺) 各階平面図は巻き尺、建物図面はTSだと思うよ。

0

光波だと建物の角を取って、cad上で境界に垂線を下ろして計算で出すようになるだろう むしろそのほうが誤差が大きい テープを実際当てて、メモリが最小値になるところで直角と推定してとったほうが正確に出せる ちなみに高さなんかも光波よりスタッフを使ったほうが原始的に見えるけど実は誤差が少ない あとそもそも、建物図面の境界から建物の距離はその建物を特定するためのものであって、土地の辺長ほど正確さは要求されていない

ID非公開

質問者

2021/3/2 8:59

巻尺の伸び縮みとかもあるよね?