障害基礎年金について

年金38閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

事務所に相談したいとおもいます。1番回答が分かりやすかったのでベストアンサーにさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:3/4 8:05

その他の回答(2件)

0

障害基礎年金受給する程の症状というのは主治医に働くことを禁止される程の様子です。 厚生年金加入していることですぐに止まる訳ではありませんが、次の更新時には等級が下がり受給出来なくなる可能性が高いでしょう。

1

「働いていたら障害年金はもらえない」ではなく、「働いていたら障害年金を簡単にはもらえない」というのが正しい表現でしょう。 さまざまな障害の中でも、働いていることとの関係が問題になりやすいのが、精神の障害です。障害が外側から見えにくいためです。「認定基準」では、精神の障害の認定要領において、以下のように障害年金の安易な支給抑制にクギを刺しています。 「労働に従事していることをもって、直ちに日常生活能力が向上したものと捉えず、その療養状況を考慮するとともに、仕事の種類、内容、就労状況、仕事場で受けている援助の内容、他の従業員との意思疎通の状況等を十分確認したうえで日常生活能力を判断すること。」 精神障害の場合、働くと障害年金が受給できなくなったり、等級が下がったりすることがあります。

1人がナイス!しています