郵便局の簡保生命保健のことですが、保険契約者が亡くなった場合に指定代理請求人が請求しないと親族には一切保険金がはいらないのですか?

生命保険83閲覧

ベストアンサー

0

もし、長男さんと今後も一切連絡が取れない可能性が高いのであれは、家庭裁判所において、失踪宣告の手続きをされておいた方がいいと思います。

その他の回答(5件)

0

普通の民間保険と違って、簡易保険はややこしい。 死亡保険金の受取人が指定されている場合には、その受取人が請求することになる。 指定されていない場合、約款に従うことになる。 約款には、次の様に書かれている。 第1順位 被保険者の配偶者 第2順位 被保険者の子 第3順位 被保険者の父母 第4順位 被保険者の孫 第5順位 被保険者の祖父母 第6順位 被保険者の兄弟姉妹 第7順位 被保険者の扶助によって生計を維持していた者(死亡当時) 第8順位 被保険者の生計を維持していた者(死亡当時) つまり、母親の配偶者、父親が受取人の第一位となる。 父親がいない場合、子供で均等割ということになる。 指定代理人は、母親の入院給付金などの生存しているときに受け取れるお金の代理請求権であり、死亡保険金の請求権は、受取人にしかない。 長男が行方不明の場合、長男の分を除いた分を、兄弟(母親の子供たち)で分けることになる。 問題は、それを郵便局が認めるかどうかだが、認めるとしても、まずは、行方不明である証明を作成する必要が出てくる。 となると、裁判所。 ということで、とてもややこしいことになるので、いざとなったら、郵便局に相談するしかない。 裁判所に失踪認定を申し込んで、7年が経過すると、失踪宣告が行われて、法律上は、死亡したと認められる。 そうなると、長男の分の保険金も、兄弟で分けることが可能になる。

0

>保険契約者が亡くなった場合に指定代理請求人が請求しないと親族には一切保険金がはいらないのですか? そんなことはありませんヨ。 死亡保険金を受け取るのは死亡保険金受取人であり、請求権も死亡保険金の受取人で、指定代理請求人ではありません。 指定代理請求人とは、例えばリビングニーズ保険金や高度障害保険金等、被保険者本人が受け取る場合に本人が手続きできない場合、指定代理人が被保険者に代わって請求手続きをできるというものです。 母が被保険者で契約者 母が入院や高度障害…入院給付金請求…母が請求できない場合は 指定代理請求人が請求可能 母が死亡…死亡保険金受取人が請求可能

指定代理人が行方不明なので連絡が取れないのです。郵便局は代理人が申請するまで何もできないし、指定代理人の住所も電話番号も知らないから連絡できないそうですが、あくまでも連絡待ちだそうです

0

郵便局の簡保生命保健のことですが、保険契約者が亡くなった場合に指定代理請求人が請求しないと親族には一切保険金がはいらないのですか? →そんなことはない 他の回答もポンコツだなー そもそも指定代理請求人というのは、その認知症の母親本人が受け取るべき入院給付金などについて、母親が判断能力がないなど手続きができない場合に母親の代理で請求できるものであって、死亡した母親の代わりに請求するものではない 契約者しか書いてないが、 契約者=母親 被保険者=母親以外 なら、母親死亡では保険金は支払われない この保険を相続財産として、相続人が相続するのであって、指定代理請求人は関係ない 契約者=母親 被保険者=母親 なら、母親死亡で死亡保険金が支払われる この場合請求するのは死亡保険金受取人であって、やはり指定代理請求人は関係ない

0

契約者が亡くなった場合は相続をして新契約者を決めて保険を継続します。あくまで保険金は被保険者が亡くなった時に払われるものです。