今外を見てふと思ったのですが 小学生の頃、おばあちゃんに 雲の動くスピードが速いと雨が降ると 教えてもらった記憶があります。

気象、天気16閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど。 雲が動く以外にも色々あるんですね。 うろこ雲は地震のイメージしかありませんでしたが、雨の場合もあるんですね。 回答ありがとうございました!

お礼日時:3/4 20:04

その他の回答(1件)

0

風の速さは地上と上空では異なります。 地上を吹く風は地表などとの摩擦がありますが、上空は地表との摩擦が無いので、上空を吹く風ほど速い傾向があります。 そのため、地上では風が無いと感じていても、上空では強い風が吹いていることがあります。 雲は風に流されて動いていますが、雲がかなり速いスピードで動いていたということは、上空では強い風が吹いていたというわけです。 また、雲の動きは、その高度の風の強さを表します。 低気圧に伴う寒冷前線や台風が接近してくるときは風が強くなるので、雲の動きも速くなります。この場合は天気は下り坂です。 逆に、寒冷前夜台風が遠ざかるときも風が強いので雲の動きも速いです。 なので、必ずしも雲の動くスピードが速いと雨が降るというわけでもありませんが、晴れの後に雲の動きが速くなったら天気が下り坂になる、と考えてよいでしょう。