ID非公開

2021/3/2 22:13

33回答

パールグラスがco2必要、照明20w*4本とあるのですが、

2人が共感しています

ベストアンサー

0
画像

ID非公開

質問者

2021/3/3 0:21

外部フィルターで水草やっているならco2添加した方が良くないですか? エアレーション環境でも枯れない状況なのですが・・・。

その他の回答(2件)

0

パールグラス強いすもんね、初心者用水草の部類です。 だけど美しく造るってなるとそれなりに腕が要ると僕は思ってます。 タビナルトさんの画像は美しく無いすね^ ^ 枯れないって言ってるのはキープだけは出来てるけど美しくは無いって事かなーて想像します。 おそらく光や栄養含めて低いレベルでやられてるから枯れる事も無ければ成長も殆どして無いと想像出来ます。 その環境で富栄養化すると草は動かないけどアオミドロ大量発生したり、 光だけ強くするとパールグラスは黄化衰退して行くんじゃ無いかなって。 なので新しく導入する草が有茎なら初めだけ動いてそのうち動かなくなるかなと想像します。 陰性水草の部類なら扱い易い環境なんじゃ無いでしょうか。 質問のように有茎草が枯れもしない成長は遅い様な環境で苔もほぼ出ない水槽は陰性水草が超扱い易いすよ、 手放しで美しく作り易いです。 検討してみて下さい!

0

【回答】 私は、現在ソイルと大磯砂の2パターンで、パールグラスとニューパールグラスを栽培しています。 高光量を照射し、ソイルを使用して、co2を添加してあげると、すこぶる成長が早いのは確かですね。 ですが…大磯砂でco2を添加しなくても、ソイルより成長速度は遅くはなりますが、しっかり絨毯状になってくれますよ。 「成長が遅い…」と言いましたが、他の前景草などに比べると、寧ろ早く感じるくらいです。 画像がないので、成長度合いが分かりませんが、成長はしていますか? もし、栽培環境がパールグラスに適合していると、あっと言う間に5㎝越えの草姿になります。 そのままにしておくと、たとえ大磯砂の底床であっても、浮力で持ち上がってしまうので、割とこまめなトリミングに追われます。(ToT) …で、「この環境だとパールグラスと同条件以下の水草なら維持出来ると思って良いでしょうか?」の質問なんですが… この“同条件“とは、質問者様はどのように理解されていますか? それにも、よります。 私の経験から言うと、パールグラスは、少し硬度があった方が良く育つ印象があります。(ラージパールグラスだけは、軟水を好む印象があります。) 一般的に栽培が簡単だと言われている水草であっても、軟水種(硬度が低い事を好む種類)などとは、相性が悪いかもしれません。 逆に硬水種や高めの硬度に耐えうる種であれば、一緒に栽培することは、さほど難しい事ではないと考えます。 勿論、これは水質だけの話で、生体の事は度外視した話です。 話を戻しますが、ハイスペックな照明を使用した場合、水草の成長速度が早くなるので、しっかりとした施肥(底床にソイル・液肥など)とco2の添加が必要になります。 代謝が良くなり、成長速度に見合った栄養素・光量が必要になる為です。 しかし、高光量の照明を設置せず、代謝が活性化していなければco2の添加も必要なく、それほど栄養素を必要とはしません。 換水による微量元素だけで、ある程度賄えてしまいます。 ただ私の場合、カリウムだけは添加したかったので、イニシャル・スティックをほんの少し根元に埋め込みました。 栽培者の好みにもよると思いますが、ソイルを使用すると成長速度が早くなる分、徒長(間延び)してしまう水草が出てきてしまうのも事実です。 特にハイグロフィラ系あたりだとそれが顕著で、徒長して間が抜けた感じになってしまいます。(苦笑) なので、ことパールグラスに於いては、それ程高くない光量のライトで育成され、密に葉を茂らせた草姿も私は、嫌いではないです。(^ ^) *ちょっと、tabinarto〜。 過去の同じ画像を何百回、擦り倒しているのですか…? 画像添付は良いとは思いますが、過去の物ではなく、現在の画像を添付してくださいよ〜。ʅ(◞‿◟)ʃ いい加減、見飽きてゲップが出そうです。(苦笑) 「わたしはあなたに向かって回答しているのではないです。」…そうです、その通りです。 そして…どの口が言っているのやら? 貴方(tabinarto)が私にした事をただ、私が貴方にしているだけですよ! このような事を私たち法律家の言葉で、“同害刑“若しくは、“同害報復“と言います。(笑)