転職の求人って誰かがやめた欠員補充の募集じゃないですか。

転職 | 就職活動169閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

そうですよ。 誰かが逃げ出した席に、座って喜ぶと言う行為が転職です。 自分に合うかどうかは、各自の甘えもあります。 往々にして新卒で入った会社が、その人にとって一番良い条件などと言う事はあります。

3

募集理由は欠員補充だけではありません。増員や新規事業立ち上げということもあります。 次に、辞める人がみな会社に不満があって辞めるわけでもなければ、その人にとっては合わない職場でも他の人にとっては問題のない職場ということもあります。 あなたは視野が狭すぎます。

3人がナイス!しています

0

両方ともあり得るので、両方とも正しいですね。 別の誰かが我慢の限界でやめたとしても、次の人は普通に勤めることができる環境だったりする。 業務内容、労働時間、年収、上司との相性 等々と労働者側の能力の組み合わせなので、どちらが正解という答えはない。

0

欠員募集もありますが、それはレアなケースです。 企業は新しいビジネス、現在のビジネスの拡大など、様々な形で人材を必要とする場面があります。 小生、写真の仕事をしていましたが、55歳の時に佐川急便の子会社の佐川グローバルロジスティクス株式会社さんよりヘッドハンティングされて転職しました。 小生を引っ張ってくれた理由は、海外物流、海外子会社の設立など、佐川急便グループの海外展開をサポートするのが目的でした。 自分に合うか合わないかは、入ってみないと解りません! この時、福岡市に在る200床以上ある大病院からもオファーがあり、家付、年俸がいすゞ自動車より上、と言う条件でした。 職種は病院の事務長でした。 理由は大会社の部長さんは、部の人事、部の予算、部の仕事全般に目を届かせているから、事務長にはピッタリだと派遣会社が判断したんです。 海外物流から病院の事務長なんて思っても居ませんでしたが、病院関係専門の人材派遣会社は成功例があるので、小生に声をかけて来たんですね! だいたい事務職は何処の会社でも大きくは違いませんよ!

画像
0

欠員が出た事情によるんじゃないでしょうか。みんながみんな、「待遇が不満で離職する」ということではないでしょう。 〇定年退職でポストが空いた 〇自分の能力がより活かせる職を探したいと思った 〇親の介護のため、居住地を離れる必要がある 〇子どもの教育や病気療養の関係で、他都道府県に移住する 〇病気やケガにより、現在の職を継続するのが困難になった 〇副業や趣味で成果が上がったので、思い切ってそちらの世界に転身する 〇大学院などに再チャレンジするため、退路を断つために退職 など、欠員が生じる理由はあれこれです。 また、その職場に合うかどうかは、それぞれの持つ知識や技能の種類・程度や、同僚との相性によりますから、他の人がすぐやめたからといって、あなたもその職場に合わないとは限りません。 できる限り、その職場の情報を集めて、個々のケース毎に判断する、ということにしかならないと思います。